体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスパ最強!500円以下で入れる♪おんせん県・おおいたのイイ温泉10

神崎温泉 天海の湯

別府や日田など有名温泉地が点在する、おんせん県・おおいた。

今回は、思い立ったらスグ行けちゃう、500円以下で入浴できる、コスパ最強の日帰り温泉をご紹介します。

海絶景が楽しめる温泉や、大洞窟風呂など、バラエティ豊かで全制覇したくなる♪

記事配信:じゃらんニュース

1.神崎温泉 天海の湯

空と海との一体感!海絶景の爽快露天。

神崎温泉 天海の湯大分市市街地から車で15分ほどで出会える海露天

大浴場/大人500円、小学生以下200円

露天風呂はもちろん、ガラス張りの内湯からも別府湾のパノラマが広がり、海と一体になるような感覚。昼間は爽快に、夜は月明かりを浴びながらと、異なる雰囲気で楽しめる。全7室ある家族湯(1室50分2000円~)からも海が望める。予約可能なのもうれしい。 神崎温泉 天海の湯

TEL/097-537-7788

住所/大分県大分市神崎字蟹喰62-8

営業時間/大浴場/8時~翌1時(最終受付24時)※木は12時~

定休日/なし

アクセス/大分道大分ICより30分

駐車場/50台

「神崎温泉 天海の湯」の詳細はこちら

2.大洞窟温泉 旅館 志美津

名物・大洞窟風呂と、滝見露天をハシゴしよう。

大洞窟温泉 旅館 志美津露天は男湯、女湯共に、庭園や涼やかな滝景色を楽しめる

大人500円、小学生以下300円

石畳の坂が情緒たっぷりの湯平温泉にある歴史ある温泉宿。名物の大洞窟風呂温泉は、まるで別世界!360度、自然石で囲われた風呂が神秘的で、空間には温泉の蒸気が充満。天然のミストサウナを浴びてから、滝が見える露天でゆったり。大洞窟温泉 旅館 志美津ピチョンと岩肌を伝って落ちるしずくの音が耳に心地よい

大洞窟温泉 旅館 志美津(しみづ)

TEL/0977-86-2111

住所/大分県由布市湯布院町湯平263

営業時間/10時30分~15時

定休日/不定

アクセス/大分道湯布院ICより20分

駐車場/20台

「大洞窟温泉 旅館 志美津」の詳細はこちら

3.天空湯房 清海荘

シーサイドの展望風呂から別府湾の大パノラマ!

天空湯房 清海荘浴場には防水畳を敷いているので、子どもも安心

大浴場/大人500円、小学生250円

別府湾を望む絶好ロケーションに佇む宿の「展望大浴場畳風呂」は、大きな窓から海の眺望が広がる。檜をふんだんに使った2つの浴槽が並び、熱めの湯が好みの人は「つかり湯」で、ぬるめが好みの人は「寝湯」で横たわろう。 天空湯房 清海荘(せいかいそう)

TEL/0977-22-0275

住所/大分県別府市北浜3-14-3

営業時間/大浴場/12時~16時30分(最終受付)

定休日/不定

アクセス/大分道別府ICより20分

駐車場/40台

「天空湯房 清海荘」の詳細はこちら

4.旅館 渓仙閣

2つの泉質の湯と迫力の渓谷美を堪能。

旅館 渓仙閣平家の落人伝説が残る景勝地、羅漢淵(らかんふち)のすぐそばに位置する

大浴場/大人500円、小学生300円

大自然に囲まれた湯ノ釣温泉の一軒宿。単純泉と塩化物泉の2つの泉質を有する。露天では湯に浸かりながら玖珠川のせせらぎを聞き、さらに対岸に広がる羅漢淵の見事な景色を望めるのが魅力。11月上旬からは色づく紅葉も。 旅館 渓仙閣(けいせんかく)

TEL/0973-57-2355

住所/大分県日田市天瀬町赤岩913-1

営業時間/大浴場/10時~16時(最終受付15時)

定休日/不定

アクセス/大分道天瀬高塚ICより15分

駐車場/10台

「旅館 渓仙閣」の詳細はこちら

5.海門温泉

温泉ツウもうなる秘湯、高濃度にごり湯に浸かろう。

旅館 渓仙閣切り傷ややけど、冷え性などに、効果が期待できるとか!?

中学生以上350円、小学生180円

くにさき六郷温泉の一つである「海門温泉」は、2015年7月にリニューアルオープンした知る人ぞ知る秘湯。大分県内でもトップクラスの超濃厚な塩化物泉の湯は、湯口から注がれる時は透明ながら、空気に触れることで褐色へ変化する。 海門温泉(かいもんおんせん)

TEL/0978-25-5305

住所/大分県豊後高田市中真玉1778-8

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。