体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮城観光でおすすめの絶景スポット15選

宮城観光でおすすめの絶景スポット15選

伊達氏のお膝元仙台を中心に、三陸海岸や、蔵王連峰の山並みなど、壮大な自然が見所です。夏は酷暑にならず、冬は比較的降雪量も少ないので、過ごしやすい気候も魅力の一つでしょう。

今回は、そんな宮城県の絶景15選をご紹介します。

*編集部追記
2015年6月公開の記事に、新たに3ヶ所を追加しました。(2017/10/31)
「365日 日本一周 絶景の旅」掲載の絶景を追記しました。(2018/05/15)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

宮城に行ってみての感想

Photo by pixta

私が宮城を訪れたのは秋頃で、気温はもうすでに涼しく、人々の服装もだんだんと冬仕様に近づいているようでした。宮城には、仙台のような都会と、その他雄大な自然を感じられるスポットや有名な温泉地など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

仙台はおしゃれなカフェやレストラン、セレクトショップなどがあり、いわゆる都市を満喫するのにぴったりの場所!仙台名物の牛タンもおいしく、またずんだもちというやさしい甘みが絶品のスイーツもあります。

またその他、日本三景の一つに数えられる松島や、秋保温泉と秋保大滝、宮城蔵王など、美しい景色やゆったりと温泉を楽しめる場所もあり、週末旅行ではとても時間が足りません!人も優しく住み心地も良さそうなので、できることなら移住体験をしてみたいなと感じました。

 

おすすめのベストスポット

松島

Rieさん(@mosimosi.0u_u0)がシェアした投稿 – 2017 10月 12 10:25午後 PDT

私がおすすめするのは、宮城県を代表する絶景スポット・松島です。松島湾に浮かぶ260余島の島々は、特に日の出と日没の景色が息をのむほど美しいです。天気の良い日は、遊覧船で松島をぐるっと一周するのがおすすめ!点在する島の解説も聞くことができるので、絶景だけではない、さらに一歩踏み込んだ松島の魅力を堪能できます。

また松島にある仙台藩伊達家の菩提寺である瑞巌寺は、杉並参道はが美しくぶらりと散歩するにももってこいの場所です。様々な魅力を堪能できる松島、宮城県に行ったならぜひ足を運んでみてくださいね。

 

以下は、宮城の絶景スポットの紹介です。(前半はPAS-POLの書籍「365日 日本一周 絶景の旅」の掲載部分になります。掲載内容は書籍とは多少異なります)

 

伊豆沼

photo by とうじ/PIXTA

渡り鳥の楽園。

日本有数の渡り鳥の飛来地。何万羽もの鳥たちが集まる光景はもちろん、夜明けにバサバサと音を立てて一斉に飛び立つ音や鳴き声は、日本の音風景100選にも選ばれている。

 

仙台七夕まつり

photo by G・G/PIXTA

きらびやかな「七夕さん」。

伊達政宗の時代から続く伝統行事。街は色鮮やかな七夕飾りで彩られる。折り鶴や短冊などの飾りは、全て紙で作られ、優しい表情だ。今夜はきっと織姫と彦星も出会えるはず。

 

やくらいガーデン

photo by MediaFOTO/PIXTA

色とりどりの花の絨毯。

総面積15万㎡、400種類の植物を誇る庭園。四季を通して色とりどりの花が一面に広がり、この季節は黄色とオレンジ色のキバナコスモス、真っ赤なサルビアが楽しめる。

 

荒湯地獄

photo by otoman/PIXTA

吹き出す熱湯。

荒涼とした無彩色な地面からは、水蒸気と硫黄臭がもうもうと立ち込め、熱湯が吹き出す様は、さながら地獄のよう。いくつかある湯だまりは、自由に入ることができる。

 

御釜

photo by Maiko lto

秋こそ美しい火口湖。

蔵王連峰で最も早い紅葉を迎える御釜周辺は、エメラルドグリーンの湖面と相まって、色彩豊かな山となる。霧に包まれることが多いが、見られるまで何度でも足を運びたい。

 

鳴子峡

photo by igagurikun / PIXTA

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。