体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対行くべきドイツの注目観光スポット33選

絶対行くべきドイツの注目観光スポット33選

ドイツといえばソーセージにビール、哲学に車などなどいろいろありますが、あなたは何が思い浮かびますか?漠然としたものしか思い浮かばないという場合もあるかもしれませんね。

さて、そんなドイツですが、実は「シンデレラ城」や「進撃の巨人に出てくる街」のモチーフになったと言われているスポットがあるんです。ご存知でしたか?ドイツは、そういった話題のスポットをはじめ、歴史的なものからアートに関するものまで様々な見所満載な国なんです!

ドイツの都市別に、絶対見ておきたい注目のスポットをご紹介していきたいと思います。ではまず首都であるベルリンから始めていきましょう!

*編集部追記
2016年9月公開の記事に、新たに3ヶ所を追加しました。(2017/10/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ドイツに行ってみての感想

Photo by pixta

私がドイツを訪れたのは夏の季節で、気候も良く非常に心地よかったです。全体の感想としては、ドイツは都市によって街の雰囲気や人々の感じも大きく異なっており、例えばフランクフルトなどは大きな金融都市ですが、ベルリンはアーティストや外国人が多くちょっとカオスな雰囲気があるなど、都市ごとにいろいろな表情を楽しめるのが良かったです。

ちょっと意外だったのは、ドイツの鉄道は非常に遅延が多いこと!時間に正確なイメージがあったドイツですが、鉄道に関して言えば、数年前から全体の3分の2が遅れるそうです。私が旅行していた時にも、2時間近い遅延があったのでビックリでした。

ドイツは外食はそれなりの値段がしますが(非常に高いわけではないです)、スーパーの食品の値段はかなり安いです。自炊すればかなり出費を抑えられるので、予算が少ない方は民泊を利用して自炊するのをおすすめします。
 

おすすめのベストスポット

Yurika Uchiyamaさん(@yuri.photrip)がシェアした投稿 – 2017 10月 28 2:13午前 PDT

私がおすすめするのは、ベルリンにあるイーストサイドギャラリー。ベルリンはドイツの中でもかなり特色のある街で、多くのアーティストが住んでおり、街中でも様々なイベントやアートが楽しめます。

特にイーストサイドギャラリーは、アーティストによるかっこいいグラフィティーが見れるので、ぜひ足を運んでほしい場所!周囲にはたくさんのバーがあり、平日・週末関係なく多くのベルリナーがビールを片手に笑いあっています。ベルリンらしい自由な雰囲気を感じられる場所と言えるでしょう。
 

ベルリン

ブランデンブルグ門

The Brandenburger Tor #GateToTheCity #BrandenburgTor #BrandenburgGate #EastBerlin #Germany #summervacation2016 #travelstagram #wanderlust #intsatravel #travel #Europe #oldGates #July2016

Clea Fernandesさん(@cleafern)が投稿した写真 – 2016 7月 31 8:26午前 PDT

首都・ベルリンのみならずドイツ全体の象徴としても知られる「ブランデンブルグ門」。ベルリンの壁崩壊時の写真や映像で、壁の後ろに立っていた門に見覚えのある方も多いかもしれませんね。

大きなイベントや、W杯のパブリックビューイングなどもこの門の前で行われるほど今でもドイツ国民に愛され続けている象徴的な門です。
■詳細情報
・名称: ブランデンブルグ門(Brandenburger Tor)
・住所:Pariser Platz, 10117 Berlin
・アクセス:「Brandenburger Tor」駅目の前
・公式サイトURL:http://www.berlin.de/sehenswuerdigkeiten/3560266-3558930-brandenburger-tor.html

 

ベルリンの壁記念公園

#archicura #berlin #berlinmemorialwall

ARCHICURA – Paolo Dellapianaさん(@paolo_dellapiana)が投稿した写真 – 2016 3月 6 11:57午前 PST

ベルリンといえばやっぱり「壁」ですよね。ここには、ベルリンの壁が220メートルにわたって残されています。当時は西と東を分断していた壁と壁との間には緩衝地帯と呼ばれる建物が何も立っていないところがありました。

その緩衝地帯もそのままに残されているので、展望台からそちらを一望できます。
■詳細情報
・名称:ベルリンの壁記念公園(The Berlin Wall Memorial)
・住所:Bernauer Str. 111, 13355 Berlin
・アクセス:Sバーン「Nordbahnhof」駅より徒歩3分
・営業時間:8時〜22時
・電話番号:030 467986666
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.berliner-mauer-gedenkstaette.de/de/

 

イーストサイドギャラリー

#asafeghalib #Berlin #gearmany #eastgallery

Asafe Ghalibさん(@asafeghalib)が投稿した写真 – 2015 9月 9 7:50午前 PDT

こちらは同じ壁でも、様々なアーティストによるペインティングが楽しめます。歴史とアートを融合させた、まさにベルリンらしいスポットの一つですね。
■詳細情報
・名称:イーストサイドギャラリー(EAST SIDE GALLERY)
・住所:Mühlenstraße, 10243 Berlin
・アクセス:S・U「Warschwerstraße」駅徒歩5分
・営業時間:24時間
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.eastsidegallery-berlin.com/

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。