体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストックホルムのオススメ観光スポット33選

ストックホルムのオススメ観光スポット33選

皆さんは、スウェーデンの首都・ストックホルムをご存知ですか?北の水の都ともよばれ、「イタリアのヴェニス」とも比較されるほど美しい街並や風景が有名な都市です。

また青い空と湖や島々など、首都でありながら自然の宝庫としても知られており、旅行先としても注目を集めています。今回はそんな魅力的なストックホルムに行った際、必ず訪れたい観光スポット33ヶ所をまとめてみました。

*編集部追記
2016年10月公開の記事に、新たに3ヶ所を追加しました。(2017/10/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ストックホルムに行ってみての感想

Photo by pixabay

私がストックホルムを訪れたのは初夏の頃で、まだ少し肌寒く上着が必要でした。全体の印象としては、ストックホルムは街全体が整然としておりとても美しく、観光地として人気なのもうなずけるなあと感じました。

建物やインテリアもデザイン性の高いおしゃれなものが多く、さすが北欧という感じ!ついたくさんお土産を買いすぎてしまいました。カフェやレストランもとても素敵で、北欧スタイルはやっぱりとてもおしゃれだなあと感心してしまうほど!

ただし物価が高いので、私の場合は民泊をして、できるだけ自炊するようにしていました。短期間の旅行ならそれほど節約する必要はないでしょうが、長期の旅行や予算の少ないバックパッカーなどは、スーパーを活用して自炊するとかなり旅費を節約できますよ!
 

おすすめのベストスポット

Designtorgetさん(@designtorget)がシェアした投稿 – 2017 10月 6 1:16午前 PDT

私がおすすめするのは、スウェーデンの最新デザインをチェックできるデザイントリエットです。「イノベーション、新しい活用」をテーマとしているデザイントリエットには、ユニーク&斬新でありながらも、機能的なデザインプロダクトがたくさん揃っています。

スウェーデンの人々とデザインをつなぐ出会いの場でもあり、魅力的な製品の数々は目移りしてしまうほど!こんな素敵なショップがあるなら、スウェーデンの人々のセンスが良いのもうなずけますね。
 

1.ヒョートリエット広場

ヒョートリエット広場

Photo by shutterstock

野菜、花、果実から衣料品まで、バラエティーに富んだ品物が販売されている野外市場です。いつも活気にあふれており、日曜日には蚤の市も開催されるそうです。
■詳細情報
・名称:ヒョートリエット広場
・住所:Hötorgshallen, 111 57 Stockholm, スウェーデン
・アクセス:地下鉄ヒュートリエット(Hotorget)駅から徒歩すぐ
・マップ:
・営業時間:随時
※市場の営業時間→月~金曜は10~18時。土曜日は10~15時
・電話番号:+46 8 23 00 01
・公式サイトURL:http://www.hotorgshallen.se/

 

2.ストックホルム・コンサートホール

stayawakewithmeさん(@stayawakewithme)が投稿した写真 – 2016 4月 24 4:24午前 PDT

ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、内部はギリシャ彫刻や音楽の歴史に関するモチーフで飾られています。

ここはなんと、あの栄誉あるノーベル賞授賞式が行われる場所だそう!ガイドツアーもあるので、興味がある方は是非参加してみて下さい。
■詳細情報
・名称:ストックホルム・コンサートホール
・住所:Hötorget 8, 103 87 Stockholm, スウェーデン
・アクセス:地下鉄ヒュートリエット(Hotorget)駅からすぐ
・マップ:
・営業時間:チケットオフィス11~18時(土・日曜~15時)夏季は〜17時
・定休日:なし
日曜日などのコンサ-ト開催時は、2時間前には開店
・電話番号:+46 8 786 02 00
・公式サイトURL:http://www.konserthuset.se

 

3.王立公園 (Kungsträdgården)

王立公園 (Kungsträdgården)
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。