ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旬の海鮮グルメが集合☆食い倒れ覚悟!おすすめ「市場めし」スポット【宮城】

かいせんどころ梁

市場や商店街の醍醐味は、きっぷのいい商売人とやりとりしながら買い物が楽しめ、新鮮で作りたてのグルメが味わえること。そこで今回は、宮城旅行で行くべき、おすすめの市場&商店街をご紹介致します。この時期の宮城県沿岸部は生マグロやカキ、サンマなど旬の海鮮がいっぱい。食い倒れ覚悟でいざ出発!

記事配信:じゃらんニュース

南三陸さんさん商店街【宮城県南三陸町】

南三陸町の復興のシンボル。

被災した商店主たちによる仮設商店街を経て、志津川湾を望む高台に今年3月、本設オープン。地元の海産物がのった南三陸キラキラ丼は、商店街の5店で食べられ、他県からもお客が訪れる。

<市場めぐりの奥義>

●その一:南三陸キラキラ丼が目当てなら、開店時間には到着すべし。

●その二:焼台コーナーが登場する朝市開催日をチェックすべし。

<南三陸キラキラ丼って?>

四季に応じた4種の丼を南三陸近辺の12店で提供中。10月31日までは秋旨丼、11月1日~2月28日はいくら丼。

南三陸さんさん商店街

かいせんどころ梁(りょう)

生マグロや志津川タコなど近海で獲れる秋の味覚が集合。

かいせんどころ梁

キラキラ秋旨丼 1998円

塩竈や気仙沼のマグロや秋鮭、志津川タコなど、近海で獲れる秋が旬の魚介がテーマ。味噌汁・小鉢・デザート付きで、10月31日まで提供。かいせんどころ梁12時間炊いた鶏ダシで味わう海鮮鍋1人前3240円(2人前より注文、予約制)※写真は2人前

TEL/0226-25-7126

住所/11時~15時(LO14時)、夜は完全予約制で17時30分~21時(LO20時30分)

定休日/水

ロイヤルフィッシュ

タコと穴子の旨みが凝縮した鮮魚店が作る炊き込みご飯。

ロイヤルフィッシュ

たこ飯・穴子めし 各350円

鮮魚店のおすすめはタコの煮汁で炊き上げたたこ飯と、骨でダシをとった穴子めし。魚介の旨みが米1粒1粒にまで浸透していて絶品。ロイヤルフィッシュ「志津川タコ、旨いよ」とご主人 ロイヤルフィッシュ生ガキ1個200円。箸やポン酢も用意され、店先のテーブルでいただける

TEL/0226-46-2643

住所/9時~17時

定休日/水

coffee&curry 月と昴

磯の香り豊かなワカメが濃厚なチーズとマッチ。

coffee&curry 月と昴

元祖わかめピザ 1300円

直径約25cmの生地に南三陸産のワカメを丼1杯分のせて、チーズとともに焼き上げる。ワカメとチーズの意外な組み合わせにハマる。coffee&curry 月と昴コーヒーは1杯ずつハンドドリップ coffee&curry 月と昴甘酒コーヒーフロート800円。甘さを抑えたカフェオレのような味わい

TEL/080-3338-0990

住所/11時~23時

定休日/極力なし

フレッシュミート佐利

フレッシュミート佐利食べ歩きフード

仙台牛入りメンチ 1個200円

仙台牛と国産豚肉3:7のメンチカツを店内で手作り。ジューシーな肉の旨みとタマネギの甘さが感じられ、ソースをかけなくてもおいしい。フレッシュミート佐利窓からテイクアウトでき、店内には精肉が並ぶケースや焼き場も備わる
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。