体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

那覇だけじゃない!古民家感がたまらない!激戦区で見つけたオススメ「沖縄そば」有名店

那覇だけじゃない!古民家感がたまらない!激戦区で見つけたオススメ「沖縄そば」有名店 沖縄そば

沖縄大好き!南国リゾートを愛するライター山田陽子です。

年に数回沖縄にいきますが、その度、最初に食べるのが「沖縄そば」!…というくらい、沖縄そばが大好きです!!

意外とみんな那覇でそばを食べがちですが、本格的に美味しい沖縄そばを食べたい人におすすめなのが、那覇からもっと北部。本部町の渡久地港から伊豆味にかけての県道84号線「沖縄そば街道」と呼ばれる場所。

沖縄そばの有名店&人気店が点在している、沖縄そば激戦区「沖縄そば街道」があるのです。

そんな「沖縄そば街道」とその周辺で見つけた、本当にディープな有名店ベスト4をご紹介します。

行列必至!14時には売り切れることも!肉厚&ジューシーなソーキそばが絶品「山原そば」

山原そばパッと見、普通の民家に見えるため、行列がない時は通り過ぎてしまう人も多いんだとか

県道83号線の沖縄そば街道沿い。琉球の白瓦が印象的なシンプルな外観。

見る限り「ン?お店かな?」と分かりづらいけど、お店が開店する11時前になると、この景色が一変。開店前から人・人・人。閉店までず~っと行列という大人気っぷり!山原そば店内はテーブル席とゆっくりくつろげるお座敷がある

店内は、扉を開けると目の前にはテーブル席。その奥が厨房。左がお座敷となっています。お座敷は昭和を彷彿させる懐かし~い感じのテーブルが並び、古民家感もひとしお。

メニューはソーキそば900円(小650円)、三枚肉そば800円(小550円)、子供そば350円とシンプルな構成。小サイズがあると、旅行中色々食べたい!って人には大助かり。

さらに大食いの男性なんかは、ソーキそばと三昧肉そばの小サイズを2杯オーダーしている方もいらっしゃるとか。ソーキそばソーキそば900円。肉厚なソーキがキレイに放射線状に並べられている

ご紹介するのは名物「ソーキそば」。とにかくソーキが肉厚!見た目にも柔らかそうなのが伝わってくるほど。

なんでも、ソーキは上質な豚肉にこだわり、代々受け継がれている秘伝のタレでじっくりと煮込んだものなんだとか。

あっさりとしたカツオベースのスープに、ソーキの煮込み汁が溶け出し、そのバランスはもう絶妙!

麺はコシの強さが自慢の手打ち麺。もちもちっとした食感とともに、スープとソーキと絶妙なバランス。山原そば南国の太陽を浴びてワシャワシャと育つ緑で見えなくなっているかもしれませんが、この看板を目印に

山原そばの名物・ソーキそば。昼時は行列必至で、早い時には14時には売り切れ御免状態に。できるだけ開店前に並ぶ覚悟で行った方が良いと思います。 山原そば

TEL/0980-47-4552

住所/沖縄県国頭郡本部町伊豆味70-1

営業時間/11時~売り切れ次第終了

定休日/月・火

店主よしこさんの愛情たっぷり!トロトロ豚足のてびちそばが名物の「そば屋よしこ」

そば屋よしこ店主のよしこさん。満面の笑顔が眩しい。「むる、ま~さん(全部おいしい)よ~」そば屋よしこ県道83号線。沖縄そば街道沿いの、黄色い外観が目印。店内ではよしこさんがお出迎え

本部町。沖縄そば街道入口付近に佇む、沖縄そば専門店。

店主のよしこさんは、もともとはここでお弁当店を営んでいたのですが、サービスで出していた100円そばが口コミで人気となり、2001年にそば専門店に。

以来、おいしさの評判はすぐに広まり、今では全国からよしこさんの作るそばを目当てに訪れるファンも多くいるほど。名物てびちそばこちらが名物てびちそば700円。器からはみ出そうなソーキは、インパクト大!

名物の「てびちそば」は、一度食べると忘れられません。その理由はテーブルに運ばれてきた瞬間、分かります。

圧倒的なボリューム感、見た目の強烈なインパクト、麺が見えないほどのデコ盛り感と、すべてにおいて圧巻!

スープは豚骨、昆布、カツオで煮込んだ和風スープで、コクもあるけど後味はあっさり。

下ごしらえから8時間かけて柔らかく煮込んだてびちは、トロットロ。お箸でスゥ~ッと簡単に骨離れする時は、感動すら覚えるほど。麺は名護市から取り寄せる中細麺を使用しています。コラーゲンたっぷりのてびちそばで、翌日はお肌ぷるぷるになるかも!?そば屋 よしこ店内はテーブル席とお座敷席があります
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。