ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 目が覚めたら……“女”になってる~!? 狂気のドクターによる強制性転換 ミシェル・ロドリゲス主演『レディ・ガイ』予告編[ホラー通信]
  • 午後5時に始まり5時11分に終わる“11分”の群像劇……2016年の傑作サスペンス『イレブン・ミニッツ』
  • 『ローグ・ワン』特報第2弾が日本先行解禁 物語のカギを握る重要人物はマッツ・ミケルセン?
  • 【超絶ネタバレ注意】『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』クロスレビュー[9/10点]
  • ケイト・ブランシェットの強烈演技が話題! もしも『シンデレラ』の継母が現代にいたら
  • 48時間でカンヌを掴んだ佃尚能監督が語る「仕事外で培うクリエイティブ」とは
  • 『MOZU』映画化決定! 西島秀俊「身の引き締まる思い」
  • 「涙活」に効く作品は? 『おおかみこどもの雨と雪』『潔く柔く』『ソラニン』などがピックアップ 
  • 『スター・ウォーズ』のハリソン・フォード、ハン・ソロは未だに「ならず者」と明かす
  • 松本穂香・伊藤健太郎のスキーペアが湯浅監督アニメ映画『きみと、波にのれたら』メインキャストに!
  • ジョン・ボイエガ、キャスリン・ビグローが手掛けるデトロイト暴動を描く映画に出演へ
  • 【動画】トム・ハンクスが英雄のパイロットを演じる映画『ハドソン川の奇跡』、トレーラーが初公開
  • 映画『幕が上がる』“ももクロ”インタビュー 「みんなが知ってる“ももいろクローバーZ”じゃないよ」
  • ここでしか観れない! 特別上映&トークイベントが盛りだくさん「ゆうばり国際映画祭×スカパー!」の注目ラインナップ
  • アニメ映画『GODZILLA』に新情報! サブタイトルは「怪獣惑星」で「2万年後の地球」が舞台
  • 『映画プリキュアスーパースターズ!』ウソバーッカ役に北村一輝! 「良い人かもと期待したのですがやはり悪キャラでした」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

交通取締りの覆面パトカーに共通する特徴とは?

交通取締りの覆面パトカーに共通する特徴とは?

ドラマや映画でマグネット式の赤色灯をルーフに載せた覆面パトカーを見たことがあるでしょう。ただし、これは刑事が使う捜査用の覆面パトカー。私たちと深く関わってくる交通取り締まり用の覆面パトカーとは異なる外観となっています。交通取り締まり用の覆面パトカーを見分けるポイントを見ていきます。

覆面パトカーの特徴は反転式赤色灯

現在、交通取り締まりを専門とする交通機動隊が乗っている覆面パトカーは、白黒パトカーと同様におもにトヨタの200系クラウンです。ひと昔前の覆面パトカーにありがちな外観のチグハグさが消え、一般車との見分けがつきません。

交通取り締まりの覆面パトカーの特徴はルーフの真ん中から、電動で出てくる反転式の赤色灯です。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは一切見えません。

フロントグリル内に2つの前面警光灯を隠しているのも交通取り締まり覆面パトカーの特徴。スピード測定の際はこれを光らせます。とはいえ、潜伏中はクルマの外観から見抜くことはほぼ不可能です。

覆面パトカー共通のユーロアンテナ

180系と200系クラウンでトランクリッドにグレードエンブレムがない場合、交通取り締まり用の覆面パトカーの可能性が高くなります。一方で、現場ではエンブレムを貼り付ける擬装行為も…。エンブレム有りの覆面パトカーも存在します。

ルーフの最後尾にユーロアンテナを設置しているのも覆面パトカー共通の特徴。クラウン以外の車種でもよく見かける「チョンマゲ」タイプの警察無線用アンテナです。ただし、車外に設置していない場合もあります。

覆面パトカーは車内の様子も見分けるポイント。青い制服の男性2人が乗車しているのが目印になります。また、追い越し車線を勢いよく走ったら突然、おとなしく走行車線に戻るなど、加速や減速を繰り返す不審な動きもポイントです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき