ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポール・マッカートニー、故ファッツ・ドミノへの追悼文を発表

ポール・マッカートニー、故ファッツ・ドミノへの追悼文を発表

 2017年10月26日、ポール・マッカートニーが24日に亡くなった故ファッツ・ドミノへの追悼文を発表した。ドミノの音楽は初期のザ・ビートルズの音楽に大きな影響を与えていた。

 「安らかに眠ってください、ファッツ・ドミノ。リヴァプールでの初期の頃に僕たちを魅了した偉大なロックン・ロール・ピアニストとシンガー」と始まる追悼文には、ドミノの地元ニューオリンズで初めて出会った時のことが綴られており、「彼は星空のごとくダイヤモンドがちりばめられた巨大な腕時計をしていて、あれが僕らと“ブリング”との初めての出会いだった!」と振り返っている。

 音楽サイトUltimate Classic Rockによると、ファッツ・ドミノの影響はザ・ビートルズのメンバーがまだ10代だった頃まで遡る。ジョージ・ハリスンが初めて聴いたロックの曲はドミノの「I’m in Love」で、ジョン・レノンが初めて弾けるようになった曲は1955年の「Ain’t That a Shame」だったそうだ。

 ポールの追悼文は、ドミノの家族についてのちょっとしたトリビアで締めくくられている。「彼の名前はAntoine(アントワン)だった。彼の子どもたちは、Antoine III(アントワン三世)、Anatole(アナトーレ)、Andre(アンドレ)、Antonio(アントニオ)、Antoinette(アントワネット)、Andrea(アンドレア)、Anola(アノーラ)、そしてAdonica(アドニカ)だった。それこそまさにファッツだ!」

◎追悼文全文(英語)
https://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/paul-on-fats-domino

関連記事リンク(外部サイト)

ファッツ・ドミノが89歳で死去
『ラム』、『バンド・オン・ザ・ラン』などポール・マッカートニー“アーカイヴ・コレクション”8タイトルの日本盤発売が決定
ポール・マッカートニー、NY公演でビリー・ジョエルと共演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。