体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夕日に紅葉…感動の赤絶景!秋の伊豆おすすめデートスポット8選【静岡】

桂橋

いよいよ秋本番。この時期の伊豆は、紅葉や大海原に沈む夕陽が美しく、名産の金目鯛や伊勢海老が旬を迎える。中伊豆は「伊豆の小京都」と呼ばれる修善寺温泉をはじめ、美しい紅葉が愉しめるエリア。海幸が豊富な東伊豆もめぐり、秋が深まる伊豆の旅を満喫して。西伊豆は海に沈みゆく絶景の夕陽が望めるエリア。秋の時期は空気が澄み、さらに美しい光景が。大自然の「赤」と食の「赤」、美しく美味しい「赤」に染まる伊豆で、大人の秋旅を堪能しよう。

記事配信:じゃらんニュース

1.修善寺エリア

情緒あふれる温泉街を紅葉散歩。

街の中心を流れる桂川沿いに風情ある温泉街が広がる修善寺温泉。紅葉を愛でながら散策を愉しんで。 修善寺エリア

TEL/0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

住所/静岡県伊豆市修善寺

アクセス/電車:伊豆箱根鉄道修善寺駅より伊豆箱根バス、または新東海バス修善寺温泉場行8分

車:新東名長泉沼津ICまたは東名沼津ICより35分

駐車場/有料駐車場あり

桂橋

紅葉と橋の「赤」が美しい。

桂橋川のせせらぎが風情をさらに盛り上げる

桂川にかかる橋の一つの桂橋。色づいた紅葉と朱塗りの橋が美しい情景を創りだし、絶好のフォトスポットだ。

◆見頃/11月下旬~12月上旬桂橋「街ナビゆるり」というお店で着物のレンタルが可能。しっとり着物散歩を愉しんでは

桂橋(かつらばし)

住所/静岡県伊豆市修善寺

アクセス/修善寺温泉場バス停より徒歩5分

「桂橋」の詳細はこちら

竹林の小径

清涼感ある竹林でひと休み。

竹林の小径竹のそよぐ音や木漏れ日は癒やし度満点

桂川に沿う竹林と石畳が美しい遊歩道。中央には大きな竹製の円形ベンチがあるので、ひと息ついて。 竹林の小径(ちくりんのこみち)

住所/静岡県伊豆市修善寺3463-1

アクセス/修善寺温泉場バス停より徒歩5分

「竹林の小径」の詳細はこちら

修禅寺

歴史ある名園が特別公開。

修禅寺美しい赤で染められる境内は必見 大同2年(807年)、弘法大師が開基したと伝わる古刹。期間限定で普段非公開の庭園を観賞することができる。修禅寺「東海第一園」と呼ばれる見事な庭園

修禅寺(しゅぜんじ)

住所/静岡県伊豆市修善寺964

営業時間/修禅寺庭園「秋の特別公開」11月18日(土)~30日(木)9時~16時 ※小雨決行

定休日/なし

料金/観賞料200円

アクセス/修善寺温泉場バス停より徒歩3分

「修禅寺」の詳細はこちら

独鈷の湯

修善寺温泉のシンボル。

独鈷の湯桂川河畔に佇み温泉街の雰囲気にとけこむ

伊豆最古の温泉といわれる、修善寺温泉発祥の湯。現在は入浴できないが、そばにある足湯で寛ぐことができる。 独鈷(とっこ)の湯

住所/静岡県伊豆市修善寺

アクセス/修善寺温泉場バス停より徒歩3分

「独鈷の湯」の詳細はこちら

河津七滝

あでやかに染まる山と清流が織り成す美しき景色。

河津七滝「初景滝」には有名な伊豆の踊子の像が

天城連山より流れ、河津川にかかる7つの滝。河津では滝を「たる」と呼ぶ。滝をめぐる遊歩道があり、それぞれに見応えのある滝と紅葉の競演が楽しめる。

◆見頃/11月下旬~12月上旬河津七滝最も大きな滝である「大滝」。遊歩道の補修が完了し、6年ぶりに見ることが可能に

河津七滝(かわずななだる)

TEL/0558-32-0290(河津町観光協会)

住所/静岡県賀茂郡河津町梨本

アクセス/電車:伊豆急河津駅よりタクシーで15分

車:新東名長泉沼津ICまたは東名沼津ICよりR414経由1時間20分

駐車場/60台

「河津七滝」の詳細はこちら

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。