体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『CEATEC JAPAN 2017』で自由視点VRを体験! 「auの5Gな未来」がスゴすぎる

さる10月上旬、幕張メッセで開かれたCEATEC JAPAN。2020年には本格的に運用が始まるといわれ、「TIME & SPACE」でも機会があるたびに追っかけ続けている次世代移動通信システム「5G」について、KDDIの展示をチェックしてきた。

今年の展示を担当したKDDIモバイル技術本部 次世代ネットワーク開発部の渡里雅史は「今年は5Gです」という。

なるほど、コンパニオンのお姉さんの胸元にも誇らしくロゴが!

渡里「KDDIはライフデザイン企業への変革を進めています。今年は『エンターテインメント』『ソサエティ』『コミュニケーション』の3本柱を立て、5Gで日常の生活シーンがどんなふうに変わるのか、2020年に向けた未来観を提示しようと考えました。『エンターテインメント』ではあたらしいワクワク体験を! 『ソサエティ』をより便利に、より安心安全に! 『コミュニケーション』をより自由でより豊かに! 2020年をひとつの目標として大きなビジョンを掲げながら、足元をどうつくって発信していくか。5Gがちゃんと進化し、生活に入ってくるシーンをきちんとお見せできるのは嬉しい限りです。(渡里)」

そんなわけで5Gを中心に据えたおおよそ10の展示のなかから、特に私たちの生活にがっちりと食い込んできそうな技術を4つピックアップしてきたのである。

①自由視点VRがついにリアルタイムで!

●自由視点のなにがすごいのか

自由視点VRは、TIME & SPACEでも過去何度かご紹介してきた。

こちらの記事もあわせてどうぞ
サッカー日本代表の注目試合、アジア最終予選-ROAD TO RUSSIAを自由視点化! スポーツ配信の未来とは

こちらの記事もあわせてどうぞ
アイドルとカラオケなう!? マジパンとは? 自由視点VRとは?

自由視点VRとは、被写体をどの角度からでも見られるという仕組みだ。下の画像でいうと、右側でクライミングしている人を、左側のモニターのように、本来映っていない部分はCGで補完し、さまざまな視点から見ることができるというもの。

原理はこんな感じだ。

①被写体を周囲から複数台のカメラで撮影する。
②ざっくりと周囲から撮った被写体を3DCGモデル化する。
③カメラに映った背景に配置する。

ポイントは②の「ざっくり」という点。今回の展示の場合、カメラは16台。周囲から被写体の全アングルを撮るわけではなく「撮られてない隙間もあってよし」という考え方。その隙間を映像処理で埋めることで、自由な角度から被写体を見ることができるのだ。

左の画像、ディスプレイの周囲に各カメラのモニター画面が配置されているが、これらを指定して画面を切り替えるわけではない。コントローラのジョイスティックをグリグリ動かせば、真ん中の画像で、どの角度からの映像も見られるのである。

今回特筆すべきは、それをリアルタイムで処理できるようになった点。これまでは、約10秒の映像の自由視点化に数十分を要した。ものによっては数日必要だった。これからは、今撮影している被写体を、その場で自由なアングルから、そして好きな背景を合成することも可能だ。リアルタイムで!

KDDI総合研究所 超臨場感通信グループの野中敬介によると、これまで被写体を「点」で捉えて処理していたのを、輪郭線を積み重ねるようにして表現することにしたという。

野中「ちょうど等高線で山の形を表現するようなイメージですね。『点』の時には人間を表現するのに数十万個必要だったのですが、『面』にしたことで数百分の一に減らすことができたんです。結果、処理時間が従来の60分の1になりました。(野中)」

また、それにより自由視点VRで表現される3DCGモデルの精度も大幅にアップした。

野中「以前は、写真を切り抜いたような質感だったのですが、新方式では厚みのある立体として表現することができるようになりました。同時にAIを活用した人物判別エンジンを高速化することができ、特別な機材がなくても自由視点VRの映像は撮影できるようになったんです。(野中)」

●キモは5Gの「大容量」! これでスポーツがより面白く、強く!

ここまでは、「リアルタイム自由視点VR」という新しい技術のお話。で、これを実践するためには大容量の映像を伝送する必要がある。今回のクライミング画像の場合は16台のカメラで同時に撮影している。それを「一斉に」送ることができるのが5Gの大容量伝送というわけだ。

野中「そうですね。制作側の技術ができてきましたし、伝送側における5Gの運用も間もなくです。2020年、もっとも身近に考えているのはスポーツ中継でしょうね。(野中)」

たとえばスポーツの試合を各家庭のテレビで見ながら、コントーラーをグリグリ動かしてあらゆる角度から選手の動きを見られるようになっているかもしれない。

野中「撮影と同時にあらゆる角度から確認できますので、選手の育成や強化にも活用していただけるのではないかと期待しています。(野中)」

②おはなしアシスタント「レナちゃん」が目の前に! より賢く!

●「レナちゃん」って?

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。