ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【独占記事】マーベルの映画『Captain Marvel(原題)』、ベン・メンデルソーンが悪役で出演へ


映画『Captain Marvel(原題)』を監督するアンナ・ボーデンとライアン・フレックが、ベン・メンデルソーンを悪役として起用するための交渉中にある。メンデルソーンは、やはりボーデンとフレックが監督した2015年公開の映画『ワイルド・ギャンブル』で主演を務めた。

メンデルソーンは、本作の悪役のメインとなる、形を変化させるエイリアンのスクラルのリーダーを演じる見込みだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、今年前半に同作にスクラルが登場すると発表した。

『Captain Marvel(原題)』はブリー・ラーソンが主演を務め、ケヴィン・ファイギがプロデュースする。マーベルはキャスティングについてのコメントを控えた。

映画『インサイド・ヘッド』の脚本を書いたメグ・レフォーヴとニコール・パールマンが最初の脚本を執筆し、ジェネヴァ・ロバートソン=ドゥウォレットが最新版に仕上げた。物語は、事故によりエイリアンのDNAと融合してしまったアメリカ空軍のパイロット、キャロル・ダンヴァースを追う内容で、この出来事によって彼女はスーパーパワーとエネルギーをコントロールする能力、そして飛行能力を手に入れることになる。

今年7月に開催されたサンディエゴ・コミコンで、ファイギはこの物語の舞台がアベンジャーズらが集結を思案する以前の90年代であり、またサミュエル・L・ジャクソンがニック・フューリー役で再出演することを発表した。

『Captain Marvel(原題)』は、2019年3月8日に米劇場公開を予定している。

フレックとボーデンは、物語の構想を練り始めた時からメンデルソーンを想定していた。そしてメンデルソーンは両監督と会った時点で、すぐに出演に合意した。

メンデルゾーンは、映画『スターウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で演じたクレニックや、2018年に公開を控える映画『Robin Hood: Origins(原題)』で演じるノッティンガム州長官などで、徐々にハリウッドにおける悪役の地位を確立している。また、テレビ番組でも活躍するメンデルソーンは、Netflixのドラマ『ブラッドライン』で家族の厄介者を演じてエミー賞を受賞した。

メンデルソーンは、2018年公開のスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『Ready Player One(原題)』に出演する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。