ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全文書き起こし】 ガラポンTV座談会「テレビの未来」―ひろゆき、竹中直純、保田歩

保田:そうですね。作り手さんが増えなくなっちゃったらそれはもう仕組みとして瓦解しちゃいますから。

ひろゆき:今、YouTubeで観てもYouTubeの広告がYouTubeに落ちて、別にあのテレビ局側には一円も入らないっていう謎の状況じゃないですか。そういうのはやっぱり改善していった方が長期的にはいいと思うんですけれどもね。

竹中:収益化しているYouTubeのチャンネルって無いの?

ひろゆき:ああ、そのテレビ番組上げて広告出して、自分の懐に入れてる人っていうのは結構いると思うんですけれど。

竹中:個人のそういうセコい活動しかないの? テレビ局がオフィシャルにやってるわけではないの?

ひろゆき:テレビ局でオフィシャルでやってるのもあるんですよね。僕が前、テレビ局の番組で出てたやつが、なぜか必ず消えて無くて。

(一同笑)

ひろゆき:テレビ局の局としてOKして上げてるわけではないのですが、現場レベルではプロモーションになると思って微妙な形で存在しているみたいな。そういったものとかはあったりするんですけれども。

保田:観てもらわないと、知らないで終わっちゃったりしてますからね。だから番宣としては出した方がいいですよね。

ひろゆき:前に僕がニコ動で関わった時も、メーカーさんの上がっていて「これは消すべきだよ」って消したら後でメーカーさんから怒られるっていう。

竹中:ああ、消すな、って?

ひろゆき:プロモーションで上げてるんだから、みたいな。

保田:なるほどなるほど

権利と“適正なお金の流れ”の食い違い

竹中:出る側からすると、僕もNHKの番組にいくつか出させてもらってた時期があるんですけれども、ある時期からNHKなんですがNHKオンデマンドの契約を別途取れ、って紙を渡されるんですよ。未来永劫、そのインターネットで公開します。それに関してお金がいくら、って決まってます。それにサインしてくださいって言うんですけど、ギョッとしますよね。

保田:演者としての。配信権の。

竹中:そうです。で、テレビ局とか制作の現場では厳密すぎるほどそういう権利に気を遣ってそれをお金で解決するみたいなことが起こってるんですけれど、そんなことをしてる割にはYouTubeが、個人によってあげられたテレビ番組で収益を上げて、個人になぜか、作ってない人に対してフィードバックというかお金が渡るみたいな、ものすごい変な構造になってるんですよ。

ひろゆき:ただ、権利処理も難しいんですよね。要はテレビ局で撮ったものって出演者さんとか効果音とかいろんな人とかいて、テレビで放映するっていう契約しか結んでないので。

保田:そうですね、放送と全然違いますからね。

ひろゆき:テレビ局の一存で上げようとすると、ネットに置くなんていう契約してねえから使うなって今度テレビ局が怒られるみたいのがあって、それでテレビ局の人たちって多分黙認という形でプロモーションで出すしかないっていう構図だと思うんですね。結果として一般視聴者はそれで便利になるんですけど、けどそういう形じゃなくてガラポンだったりを使って、そこでスポンサーのテレビCMを見て、その結果、テレビ局にもちゃんとお金が戻るっていう構造にしてった方が良いんじゃないかなあ、って話に戻ったところで、どうでしょう?

保田:(笑)

竹中:あと出る側のそういう契約書見たときの心持ちっていうのは、普段契約とか慣れてる僕でもちょっと怖いんですよ。なんか、時限付きじゃない契約書にサインするんですよ? (笑)

保田:悪い意味で有名になった直後とかやっぱり「出たくないな」って思いますもんね。

竹中:それが消えない、みたいな。好きに使われるかもしれないとか。そういうのは想像するとちょっと怖いっていう場面があって。そこはちゃんとストレートに、きちんとみんなのメリットになるようなやり方を、法整備も含めてやった方が良いと思う。

ひろゆき:でもガラポンが普及すれば別に出演者さんの契約は今まで通りで十分で、テレビで放映しますと。

竹中:そうですね。

ひろゆき:テレビで流されたデータに関して個人宅で保存して観る分には著作権法上、何の問題も無いという形なので。あと現行法 一切変えないで出来る、一番きれいな形はそこなんじゃないかなと。

竹中:かもね。

保田:あとはガラポンが業界へお返しできるところまで作ればちゃんとworkすると思うんです。あとは広告、番組を作った人に関連させるだけではなくって、広告主さんにとっても、例えば――いい意味でですよ、テレビ番組のCMがニコニコ実況かぶせて話題になった、あるいはガラポンTVの口コミサイトで話題になって「このCMのこの商品良いんだよ! このCMやばい」っていってシェアされるようになれば、それが一番良いスポンサー還元までの……

前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。