ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「名もなき背景キャラ」が主人公の『僕がモブであるために』1巻発売

 漫画の背景などにいる名もなきキャラクター「モブ」、そのモブキャラを主人公にした目野真琴の『僕がモブであるために』が10月12日にコミックス第1巻を発売しています。

 本作は双葉社の月刊アクションとニコニコ静画とがコラボした電子コミック雑誌『月刊のアクション』で2016年12月から専属連載中の漫画作品です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 『どっきん☆パイナポー』という少女漫画の中で、主人公のクラスメイトとして「モブ」を演じている中田潤一が、しょうもない本編に憤り、偶然手に入れた「自分がのってる漫画の原稿」を、自分が「モブりたい」と思える作品に改変しようと決意。しかしそう上手くはストーリーが進まず……そんな「名もなき背景キャラ」が破壊と創造を行う、痛快ギャグストーリーは連載開始当初より読者の興味をあつめ、ネットを中心に話題となっていました。

 なお、発売された第1巻は620円(税別)。最新はニコニコ静画『月刊のアクション』で毎月25日配信中です。また第1話は双葉社公式サイトの作品ページで「立ち読み」として無料配信されています。

(C)目野真琴/双葉社
画像提供・双葉社

関連記事リンク(外部サイト)

立原あゆみの極道漫画『JINGI』シリーズついに完結 29年の歴史に幕
一色まこと『ピアノの森』アニメ化決定 NHK総合で2018年4月より放送
浦沢直樹再始動!待望の新連載はルーヴル美術館とのコラボ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。