ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全文書き起こし】 ガラポンTV新機種発表会 [第一部]ガラポンTV六号機 [第二部]MiyouTV提携

今日発表させていただくものはですね、MiyouTVというものです。garapon.tv、miyou.tvで、tvドメインが同じなんですけれども、もともとは全然違う状況から開発が出発して、えっと、藤井さん、MiyouTVは開発何年目でしたっけ。

img_9482_dxo-11

4年。未来検索ブラジル社が足かけ4年かけて、開発をしたものです。これと、今日のその発表であるガラポンTVの提携をこれからデモンストレーション、発表したいと思います。

というわけでご覧ください。スクリーンが今、テレビ、ラテ欄みたいなものが出てますけれども、これがもう既にMiyouTVというシステムと、ガラポンTVのAPIを接続して、そのAPIから番組表を生成している状況です。

img_9486_dxo-12

では、MiyouTVのそもそもの説明をしたいと思います。miyou.tvというのは、2016年の11月ですよね。11月だとファイルの日時が示していたので。あまりちょっと日付の記憶が僕にはないんですけれども、去年の11月にオープンソースのソフトウェアとしてGitHub上で公開を始めました。これが何かというと、Linux、Windows、最近macにも対応しました、macOSに。3プラットフォームに対応したテレビを観るためのインターフェースです。どういうインタフェースかというと「実況スレのコメントを、テレビのスクリーンにオーバーレイ表示してそれをテレビを見るのと同時にコメントを見るのを楽しもう」というコンセプトのソフトウェアです。

img_9491_dxo-13

このもともとのMiyouTVというのは自分たちで――先ほど保田さんがおっしゃられたような、全録環境を作るということが前提のソフトウェアだったわけですけれども、その全録環境を作る敷居がちょっと高いんですね。自分でハードウェアを用意してボードをそろえて組み立てをして全録用のソフトウェアをセットアップをしてようやく動くっていうような状況でして。ただ、MiyouTVというのはその全録の部分とそれからユーザーインタフェースとしての今ご覧になっているようなこういうものというのは綺麗に分離して作られていますので、じゃこの全録の部分をガラポンTVにお任せするとどうなるだろう、ということを考えてみた結果、先ほど発表があったようなレンタルモデルで月いくらかでこのUIさえあればその実況とともにテレビ番組を楽しめるっていう環境が簡単に作れるのではないか、ということでこの提携に至りました。

やはり同じように未来検索ブラジル社としてもテレビ内容のソーシャルなシェアであったり、もともとですね、あとから座談会で時間があったりテーマがあれば話せると思うんですけど、もともと僕、わりとずっとテレビに関わっていて。ひろゆきも同じなんですね。で、このシェアの大事さみたいなことをきちんと世の中に伝えたくて色々と、何年くらいかな、14年くらいがんばってきたんですけれども、そういう色んな苦労がありまして、ようやくMiyouTVとガラポンTVの組み合わせでかなりカジュアルにコンシューマーとしてテレビ番組を実況とともに楽しむっていうような環境ができたという風に喜んでおります。

じゃ、ちょっとデモをさせていただきます。

img_9475_dxo-9

ここにいるのが開発の藤井さんです。ちょっと口下手なので今日は喋らないってことなんですけれども(笑)。ちゃんと動くので少々お待ちください。今なんか番組選んでますね。……どれでしょうか、それですか。

コメントの重さを優先して表示するということで、今日は……日テレさんの『世界の果てまでイッテQ』を引用してデモさせていただきます。短時間なので、そうですね、こういうものの引用をしようということでご容赦いただきたいと思います。

img_9499_dxo-15

こういう風にですね、実況スレのコメントが右から左に流れる。いわゆるニコニコ動画と似たような感じでずーっとリアルタイムでその番組が放映されたときの、コメントのリアルタイムでこういう風にずっと番組終わりまで観ることができます。もちろんその、これはテレビを観るための汎用インターフェースなのでコメントを切ろうと思えば切れるんですね。

それから、ちょっと見にくいんですが下のグラフをご覧ください。

img_9502_dxo-17

ニコ動の方はあんまり見えないかもしれないですね。青い折れ線グラフがあるんですけれども、これが単位時間当たりのコメント数を示すグラフです。なので、この番組ではずっと割とコンスタントにコメントが出続けているんですけど、(図示して)山がありますよね。この山に合わせてクリックをすると、(処理中になる)……お。大丈夫ですかね。そこの部分から再生するという機能があります。……が、今日は機嫌が悪いんでしょうか。(笑)えっと。どうですか? 待った方が良い? 待った方が良い、じゃ、ちょっとお待ちください。……あ、出ましたね。若干のですね、ガラポンTVさんへ色々とやりとりをして今日対応をするという段取りの中で、オープンソースのソフトウェアなので、それ以外の部分をどういう風に開発を進めるかっていうことが非常にマネジメントが難しくてですね。後で発表しますけど、日付は、ガラポンTVに完全に対応したバージョンが、今現在は発表出来てないんですね。リリースできてないんですよ。これを藤井さんが頑張れば、今日中に。それから(笑)通常のスケジュールで言うと先ほど保田さんから発表のありました10/19くらいまでにガラポン対応版をちゃんとリリースをしようという風に思っております。

img_9511_dxo-18

ただ先ほど止まったグラフのピークのところでクリックするとこういう盛り上がりが共有できる。これをまだMiyouTVとしては出来てないんですけど、シェアするみたいな機能は今後、追加予定です。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。