ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全文書き起こし】 ガラポンTV新機種発表会 [第一部]ガラポンTV六号機 [第二部]MiyouTV提携

(記者向け説明につき中略)

19

(年表図示)
これがガラポンTVの歴史なんですけれども、2010年設立してもう7年と10か月経った会社です。ここのタイミングで筐体変わってないんですけれど、筐体が外側のデザインが変わらないときには中側を全部変えてます。というような形で、なぜなら、弊社がまだ社員、私含め5名しかいないので、筐体と中身全部変える体力が無いと。ということで表っつら変わらないときは中身が変える。中身変わってないときには表っつら変えたりと。というようなことをやったりしております。

早速デモをやってみたいと思います。

はい、アプリを起動します。するとこんな感じに。

img_9467_dxo-7

これがログインした画面です。自動でアプリ立ち上げますとログインされていて、始めに出るのは、全ての局の現在放送中の番組が視聴できるようになっています。

これ今タブレット用の利用画面になっています。スマートフォンで利用する場合は、もうちょっとこの下に表示される次の番組とかが表示されませんし、画面の一部再生もタブレットのみになります。

もちろん横向きにしたりとかですね、倍速再生とかいったこともできますし、全画面再生もできるようになってます。

あとはガラポンTVの特徴であるソーシャル連携になります。口コミで面白い番組を知って視聴すると。ここ重要なので今日のテーマ、新サービスにもつながるところです。ガラポンは何をしたくてテレビ視聴の革命と言っているのかいうと、ひとえに、テレビ番組をソーシャルにしたいんですね。視聴率は確かに業界を回すうえで重要な指標ですが、ガラポンとしてはテレビ番組をソーシャルにしたい。口コミの評価をフィードバックされるような仕組みをつくりたい。視聴率だけじゃなくて、今、世の中で美味しいレストランを探す、面白い映画を探す、全てカタログだけで判断しないで口コミを参考にすると思うんです。

それは、サービス提供者が自分の都合だけで押し付ける情報だけで判断するよりも、ほかの人の口コミを参考にしたほうがベターな選択ができるというのが皆さん、経験上分かってると思うんです。それを、テレビ番組では出来ない。それが本当にくやしくて、ガラポンはそれをできるようにした。どのテレビ番組を観るのがいいのか、それは番組表だけの情報で判断するんじゃなくて口コミを参考に判断してほしい。

で、その視聴体験を体験するためには、全番組録画してないとその体験ができないので全番組録画機をつくってます。これをもう7年前からずっと同じことをやってるのはそこです。

全番組録画してるんで、ここにのっかってくる口コミで「面白いよ」って言われる番組をどの番組でも確実が視聴できる。これが一番、いいポイントだという風に思っています。

img_9434_dxo-4

あともちろん、ガラポンTVの特徴である字幕検索ですね、番組表のタイトルとか説明文で検索するだけではなく、字幕検索というのがあります。これも私毎朝、「絶景」とかですねあとは「露天」とかそういうので検索するのを日課にしてます。

「絶景」とか「露天」とかで検索して、そういうのに関連する番組を、その場面から視聴するといったことができるようになってます。

あとでガラポン社の社員や私、デモ機の横でデモやりますので、その時にちょっと映していただければと思います。

というわけで、ガラポンTVの六号機の発表はこのあたりにしたいと思います。

何よりも「ガラポンはソーシャル、テレビ番組を口コミを参考にして選ぶ」、「視聴する文化を作りたくてやってる」ということをお伝えしたいと思います。

続きましてですね、ガラポンTVがやりたかったテレビ番組をソーシャルにしよう、口コミを反映させよう、といった思いに共鳴したパートナー企業さんと新サービスを作りました。

それがここの会場をお貸しいただいている未来検索ブラジルさんです。その新サービス、新提携サービスに関しては、未来検索ブラジルの竹中さんより発表いただきたいと思います。よろしくお願いします。

MiyouTV提携発表

有限会社未来検索ブラジル代表 竹中直純氏:こんにちは。未来検索ブラジルの竹中といいます。今日はよろしくお願いします。今、この後ろにデモンストレーションのためにつなぐコンピューターをセットアップしてますので、少々お待ちください。

img_9473_dxo-8

あの、保田さんからご紹介有ったようにですね、テレビをシェアするという基本的なコンセプトに共鳴をしたというか、「それだったらウチのを使ってくれませんか」みたいなそういう、お互いに頼る感じっていうところからこの話は始まってます。もうこれ既に見えてるんですね、見えてますね。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。