ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全文書き起こし】 ガラポンTV新機種発表会 [第一部]ガラポンTV六号機 [第二部]MiyouTV提携

あと昨年は、いや昨年というかこの1年間は代理店での獲得というのがほとんどできなかったのですが、これからは特にインターネットサービスプロバイダさんと提携して、光回線契約したらガラポンもついてくるといったことをやっていって、顧客の獲得ペースを倍増させていきたい、という風に思っております。

で、ただ一つ問題がありました。レンタルを始めたことによって、購買層が広がりました。今まではやっぱりガジェット好き、モノ好き、そういった方々が買っていただいていたんですが、レンタルで「ちょっとお試ししてみようかな」と深く考えずに買われる方がいらっしゃいます。あるいは失敗したとはいえ代理店の獲得もケータイショップとかで紹介してもらっていたので、そういうとですとね「ルーター何それ」みたいな方もたくさん入ってきちゃうようになったんですね。

その結果、「ガラポンTVわかりにくい」「難しい」「なにこれ」というような意見を多数いただく結果となりました。

08

この反省を踏まえまして六号機を作りました。六号機のコンセプトは「シンプル、簡単に」ということをテーマにやっております。

09

ちなみに六号機では見た目、筐体のデザインは変わらないんですけれども、一方、全機能をゼロから新規構築しております。
また、CPUもMarvelのCPUからSTMicro製に変えたりとかハードウェアの筐体以外の中身、これも全部変わってます。で,
新たな製造パートナーとイチから丁寧に作った、それがガラポンTV六号機になります。

10

まず、加えて筐体以外、ハードウェア、あとサービス変えました。特にサービスの部分で行くとこれからバシバシ、シンプルにしていくご紹介をしますけれども、まずひとつは、あらゆるモデルを単純化しました。

11

伍号機まではですね、四号機のハードディスク有り版、ハードディスク無し版。伍号機ハードディスク有り版、ハードディスク無し版、2パターンを用意してました。各世代がありながら、モデルも分かれている。かつですね、商流もレンタルもやってます、端末買い切りもあれば、端末買い切ったけど月額プレミアムプランに入れば使えるよ、という機能もあったんですね。これによって、自分で調べてガラポンTVを欲しいと思ってくださったガジェット好きの方は大丈夫、ついてきてくれるんですけれども、「あ、ハードディスク消耗品だから自分はハードディスク無しにするわ」とかですね、色々考えて下さるんですけれども。先ほど申しましたように代理店で獲得したケータイショップで入った方なんかはこんなのわかんない。ということで、ひたすら「わかりにく」「わかりにくい」とここに原因があると思いまして、六号機からはレンタルのみ、ハードディスク有りのみ、というのに注力することにいたしました。

続きましてサービス構成です。

伍号機までは、3つのサービスを理解して使い分けていただく、目的別に使い分けていただく、という思想で作ってました。

12

テレビサイトというのが他のユーザーの口コミから、番組を選んで、多機能プレーヤーで観て下さいね、というサービス。
テレビ端末というのが、ガラポンTVの中にログインして、シンプルなソーシャルな要素がまるでない画面を使ってくださいね。各種設定もテレビ端末でやってくださいね、という思想です。

あと、ガラポンWEBというのが認証系を司る、ここからログインしてくださいねというような形で行っておりました。ただもうこれもお客さんはですね、全くついてこれないという状況になりました。ガラポンWEBといった時に、例えばプロモーションタイプですね、弊社のガラポンTVの製品紹介サイトを指していたりですね、あるいはテレビサイト、ソーシャルのことを指して質問してきたり、会話がかみ合わないんですね。なので、もう六号機からは全て、『テレビサイト』というものに集約しました。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。