ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪の魔導師に支配された異世界を救え!ファミコン風探索型魔法アクションゲーム『Alwa’s Awakening』

異世界転生……現代社会で生きる平凡な少年、青年が何らかのきっかけでそちらに召喚され、魔王の脅威に仲間と共に立ち向かうなどする、古くから漫画、小説、アニメなどで親しまれてきた題材だ。昨今もそのような作品は数多く誕生しており、異世界に無い武器片手に無双したり、仲間の問題児っぷりに翻弄される日々を送ったり、幾多の死と蘇りに苛まれたり、逆に現代側に来た住民達を食事でもてなしたりと言った独自のアプローチを行ったものが人気を博している。
 
image4
 
今回紹介する『Alwa’s Awakening』もまた、異世界転生を題材とした作品である。スウェーデンのインディーデベロッパー「Elden Pixels」制作のゲームで、2017年2月3日より、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて配信されている。
 
image20
 
image9
 
作中の舞台となるのは「Alwa」と呼ばれる異世界の島。ある日、悪の魔導師「Vicar」が四人の手下達を率い、Alwaを襲撃。自らの支配下に置いてしまう。
 
image19
 
危機に瀕したAlwaを救うべく、老賢者は他の世界から救世主の召喚に講じ、「ZOE」なる者を呼び出す。賢者に導かれる形で魔法の力を会得したZOEは、Alwaを救うべく、四人の手下に支配された地の奪還と首謀者「Vicar」の打倒に乗り出す…というのが大まかなストーリーだ。
 

 
なお、先に申し上げておくが、主人公「ZOE」は女性だ。
見た目が少年っぽい為、特定の諸兄・諸姉は何かを期待したかもしれないが、残念ながらその手の描写も要素も皆無である。あしからずご了承願いたい。

少ない魔法の”応用”が試される探索型アクションゲーム

image14
 
内容としては探索型のアクションゲーム。
ZOEを操作し、Alwaの地を駆け巡りながら、悪の魔導師Vicarの手下によって支配されたエリアの奪還及び、手下四人とVicarの討伐を目指す。
 
image16
 
Vicarの手下の潜伏場所は、Alwaの全体を描いたマップ画面より確認できる。この潜んでいる場所を目指し、Alwa各地を探索していくのが主な流れとなる。
ただ、マップに示されるのは潜伏場所のみ。その周辺地形の構造はプレイヤー自ら明かしていく形となる。基本的に探索型アクションの王道をなぞった構成だ。
 
image8
 
プレイヤーが操作する主人公ZOEも、本編が進むにつれて新たな能力(魔法)を手に入れ、行動範囲も広がっていくという、探索型のセオリーを踏襲したキャラクターになっている。
 
image15
 
ただ一つ、珍しい特徴を持つ。それは「アクションの少なさ」。
探索型アクションと言えば、空中でもう一度ジャンプする「二段ジャンプ」に代表されるように、本編が進む度にできる事が増えていくアクションの多彩さが醍醐味でもある。
 
image12
 
そのアクションが本作では少ない。
「魔法の杖」を振って殴る(!)通常攻撃、「魔法」の使役しかないのだ。
 
image10
 
「魔法」もブロックを作り出す「ブロック」、上昇し続けるシャボン玉を生成する「バブル」、そして雷弾を放つ「マジックアタック」のたった三種類。これ以上、増えることもない。

なので、探索ではこれらの「応用」が求められる。「ブロック」なら、足場にする以外に敵の攻撃を防ぐ盾にしたり、スイッチを押す為の追加ブロックとして使ったりなど。できることが少ないからこそ、個々の魔法をどう扱うかという創意工夫が随所で試されてくるのである。
 
image17
 
この少なさを逆手に取った探索の楽しさが本作の魅力。ジャンルのセオリーを踏襲しながら、プレイヤー側に制限からくる発想の転換を促す、意欲的なゲームデザインが成されている。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。