ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

佐藤秀峰の「自炊代行ドットコムに聞いてみた」

●ご一緒に考えませんか?

ご一緒に考えませんか?

皆で一緒に電子書籍の未来を考えて見ませんか?
私たちも、違法コピー、違法流出には絶対反対です。
でも、自炊代行を求めておられるお客様が大勢おられる事も確かです。
敵味方の関係では無く、どうしたら良い方向に向くのかをご一緒に考えては頂けませんか?
作家様、漫画家様、出版社様、読者・お客様、そして私たち自炊代行業者が一緒のテーブルにつき、書籍の電子化の仕組みを考えて行きませんか?
敵・味方の関係では無く、どうしたら次代の書籍の電子化の仕組みを作り上げる事が出来るのか?をご一緒に考えてみませんか?
課金制度なり、利益配分なり、さまざまな形式があるかと思いますし、違法コピー追跡も可能かも知れません。
私たち自炊代行業者の技術も捨てたものではありません。
是非ご活用頂きたいのです。
新しい書籍の電子化は、すでに業界全体で動いておられる事でしょう。
しかし、すでに購入されている書籍の電子化は、一体だれがやれば良いのでしょうか?
電子化した本を読みたければ、もう1冊買いなさい!が必須なのでしょうか?
ご一緒に考えませんか?

佐藤:あれは話題になりました。自炊代行問題について知らない人から見れば、質問状は「近頃問題になっている自炊代行業者に対して、作家たちがついに動いた」というくらいの受け取り方でしょうから、業者から反論が出るとは思ってもいなかったのではないでしょうか。

中村:そうですね。反響は大きかったです。我々としてはデータさえ流出しなければ良い経済循環を作れると思っていましたから、コソコソする必要はないと思い、宣言を出したつもりです。サイトに公開回答をアップすると同時にアクセスが集中し、あっという間にサーバがダウンしてしまいました。もうどうにもできなかったですね。

佐藤:それはすごい。どのような反響がありましたか。

中村:9割が応援です。サービスを続けてくれ、という意見がほとんどでした。我々に否定的な意見はほとんどありませんでした。公開回答の掲載と同時にアンケートも実施したんですよ。そんなに自分たちは責められるようなことをしているのか、という思いのありましたので。

佐藤:結果はどうでしたか。

中村:こちらはアンケートに答えてくださった方は約7割がサービスの継続に賛成でした。こちらにアンケート結果があるのでご覧ください。

●自炊代行ドットコム緊急アンケート
実施:2011年9月12日~14日(実質2日半)
※有効回答数:212(途中回答は除外)

Q)自炊代行サービスは必要だと思いますか?
・必要:156
・不要:56
Q)自炊代行サービスを利用したいと思いますか?
・利用したい:136
・利用したくない:76
Q)関係者(作家、出版社、読者、自炊代行業者)の対話が必要だと思いますか?
・必要:150
・不要:62

※自由回答は別紙(注:以下に記載)

・「どちらでもない」もなく、条件付きにも出来ない点で、恣意的な意図を含む微妙なアンケートだと思いました。私が考えるのは、「このまま出版社がまともに電子書籍化を行わないのであれば、自炊代行サービスは(ネットで無料配布を禁止する等の措置をした上で)必要」ただし、禁止措置が法的にも技術的にも不可能であれば、それはサービスとして「犯罪弊助」になりかねないので、行うべきではない。
出版業界がなくては成り立たないサービスなので、作者や出版社を殺す様なサービスをするのは自らの首を絞めていますよね。作者・出版社・読者にとって、
誰もがWINになる様な落としどころが必ずあるはずで、そういったサービスを展開できるようになってください。また「出版社がきっちり電子書籍化を行っていくのであれば、「自炊代行サービス」は不要です。なので私の票は「どちらでもない」にしておいてください。

・オフィシャルの電子書籍があれば不要だが、現状では必要。がんばれ!

・かつては漫画喫茶、ブックオフ等は作家や出版社の槍玉に挙げられていましたが、最近では自炊代行を攻撃するのが「トレンド」のようにです。この様に社会風潮に合わせて、攻撃出来るところから攻撃する、というあたりに、作家や出版社の卑しさを私は感じます。卑しいのでなければ、浅墓であるか、もしくは社会に対して無知の様にも思います。
一部のメディアアナリストが、自炊による電子データの流出を喧伝しているのでしょう。ですが言わせてもらえば、現在の情報コンプライアンス、SOHO管理の厳格化などを考えると、流出させる事自体が不可能なのです。誰が大事な電子データを人にくれてやるでしょうか。
筒井康隆なども名を連ねていました。彼の様な作家であっても、例えば「禁煙ファシズム」という本で「クビになってもみずから会議で煙草を吸ってやれ」などと言います。おおよそ、作家や出版社というのは、一般人の心理や行動というものを理解していないのだな、と改めて思いました。

・こうゆうことは出版社がやるべきだと思う。実物の本と交換に透かし・ロットNo.入りPDFを渡すとか、そうゆうことをやればいいのに、と考える。

・こうゆうことは漫画や雑誌文化の衰退につながるので、無い方がいいと思う。ただでさえ出版業界は不況と言われているのにマイナス方向には頑張って欲しくない。
本を買う(大量に)ユーザーほど(貢献している)自炊代行業者は必要。自炊で出来たスペースには新たな本が入る可能性があり、出版社側にもメリットはあると思われる。

どうしても本を持ち歩くと荷物がかさばり、なかなか読む機会がどんどんなくなります。紙の良さもあると思いますが、収納スペース、狭い我が家、勝手も捨てるか古本屋に持っていくか…。それをデータ化する事によって残す事の出来るサービスがあればもっと本を買います。置く場所がないのでこの頃は全然本を買いませんでした。でもこのサービスを知った時これは助かると思い、小説を買いました。そうゆう人たちも世の中にはたくさんいると思うんですが…。
とにかく、電子署名付きでも何でも、DRMなどによるデバイス縛り付けのない、必要なら検索も可能なPDFとして本が読めるなら何でも良いのです。出版社がそれをしないと言うのなら、自衛策として自炊する他ありませんし、数が多いなら媒体委託するしかないと思います。本が好きで、本を『資源ゴミ』として出す事に抵抗があり、だけど有限な空間の中ではそうするしかないという苦しみを和らげる一助としの自炊と、その代行は必須です。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき