ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【第8回 渋谷ファッションウイーク】シシド・カフカらが“渋谷カルチャー”を世界へ発信!

ファッションを通じて自分スタイルを具現できる街「渋谷」の魅力を伝えるキャンペーン『第8回 渋谷ファッションウイーク』が、渋谷駅周辺を会場に、2017年10月12日(木)~22日(日)まで開催されました。

 

今年は、ミュージシャン・女優と幅広い分野で活躍するシシド・カフカさんをアンバサダーに迎え、日本を代表するファッショントレンドを発信し続けている「渋谷」の魅力をアピールしました。

 

 

シシドさんにとって、渋谷は小学生の時から通っていた街であり、ドラムを習った街であり、ライブを開催してきた街でもある、非常に思い入れが深い場所です。そんな、自分の音楽の歴史と重なる街で、『第8回 渋谷ファッションウイーク』のアンバサダーに選んでいただき光栄と挨拶。開催週の天候にあわせて“雨だからこそ”のスタイリングを披露しました。

 

最近、ロングヘアーをばっさりとカットしショートヘアーになったシシドさんは、「ものすごくカラダが軽くなりました。髪には情念が宿ると言われていますが、究極の断捨離をしたと思います。これを機にファッションも含めて、いろいろな挑戦をしていきたいと思います!」と、パフォーマーとして、より多彩な表現を追求してゆくことを宣言しました。

 

飛躍を後押し!若手アーテイストとコラボレーション

今回は、若手デザイナーの登竜門である「Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」をはじめ、ファッションやクリエイティブ業界への若手人材輩出を担うプラットフォーム「READY TO FASHION」や「日本アーティストユニオン」、「日本写真芸術専門学校」らと連携し、学生や若手デザイナーやアーティストが参加。

 

※中央左)渋谷区長 長谷部氏。中央右)大西賢治実行委員長。若手スタッフの皆さん

 

採用されたスタッフは期間を通じ、実務体験を兼ねて各分野のプロフェッショナルたちとキャンペーンを盛り上げました。

 

 

また、「SHIBUYA FIRST STEP」として「新人デザイナーファッション大賞」受賞の若手デザイナー、大嶋祐輝氏(メンズブランド「amok(アモク)」)と、新津祥太氏(『現代和服』ブランド「‐niitu‐(ニーツ)」)の2名が最新ルックを発表するなど “国際文化観光都市・渋谷”構想のもと、渋谷カルチャーを発信。

 

※メンズブランド「amok(アモク)」

 

※『現代和服ブランド』‐niitu‐(ニーツ)

 

長谷部渋谷区長も撮影に参加し「渋谷のストリートではいろんな人たちが混じり合っていろんなカルチャーを発信しています。渋谷ファッションウイークが長く続くことが大切だと思うので、区としてもしっかりと応援していきたい」とコメント。

 

 

残念ながら、雨天により「SHIBUYA RUNWAY」は中止となりましたが、実行委員長 大西賢治氏は「渋谷ファッションウイークは、みなさまに渋谷の街を楽しんでいただける機会。“渋谷”という響きがより楽しい響きとなるよう、これからもファッションを通じて、渋谷を盛り立てていきたい」と展望を語りました。

 

最終日には『渋谷ファッションウイーク』に参加した商業施設を代表して「21ブランド」が、ショップ店員自らがモデルとなり渋谷ならではの“リアルクローズ”を披露する「渋谷スタイル」を発表するなど、まさに、街と人、ファッションが一体となったイベントとなりました。

Harper’s BAZAAR(ハーパーズ・バザー) 2017-08-19 発売号
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

ストリートカルチャーの祭典【Street Games】が大盛況!
渋谷に“ギャル”あり!日本の文化を創り出す『ギャル文化』
そんなモノまで?!アニメ世界から現実に再現されたモノ
ムーミンアニメ・知られざる裏舞台 ~トーベ・ヤンソンとの確執~
DIYで廃工場をリノベ!【ネオアンティコス】すごい!鳥取市ワーホリ!第2弾 9/5希望者受付開始

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。