ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デリケートゾーンだけはプロにお任せ。パリジェンヌのムダ毛ケア事情

季節を問わずに心がけておきたいのが、ムダ毛の処理

フランスでも、女性同士の会話では、どんな製品を使っているか、どこのエステに行っているかなど、脱毛の話題を耳にします。

ただ、日本で普及している永久脱毛は、フランスではまだメジャーな方法ではありません。

パリジェンヌに人気の脱毛ケアはブラジリアンワックス

Julieさん(@julie_simone_pin_up)がシェアした投稿 – 2016 5月 24 4:01午前 PDT

フランスは年間を通して空気が乾燥しているため、腕や足に剃刀を使うと肌がカサカサになることが多く、あまり使わない傾向があります。

また、欧米の女性はもとの色素がうすい人が多いので、そもそも脱毛より脱色派という人も。

そんなフランスでいちばん普及している脱毛ケアは、ブラジリアンワックスです。

肌への負担をなるべくかけずに毛根から抜けるのでチクチクすることもなく、個人差はありますが3週間ほど持つといわれています。

Beauty Assiaさん(@beauty.assia)がシェアした投稿 – 2017 9月 24 3:36午前 PDT

ひとことに「ブラジリアンワックス」といっても数種類ありますが、一般的なのが、溶かしたロウを脱毛したい箇所に直接うすく塗り、その上に布を置いて一気に剥がすという方法。

専用の布がロウごときれいに処理してくれるので、かんたんで気軽に脱毛できます。

布は洗えばロウの部分は水に溶けるので、何度か使うことができてエコロジー。腕や足、ワキ、顔、デリケートゾーンなど全身の脱毛に有効です。

自宅でもかんたんムダ毛処理。でも、デリケートゾーンはプロにお願い

Unizenさん(@myunizen)がシェアした投稿 – 2017 7月 22 1:07午後 PDT

自宅でおこなう場合はロウを電子レンジで温めなおす手間があるので、シールのように最初からロウと布部分が一体化していて使い捨てできるタイプもあります。

このタイプだと手の平で少し温めるだけで使えるので手軽。

Meghaneさん(@_megahnne)がシェアした投稿 – 2017 6月 14 12:17午後 PDT

基本的に、肌をクールダウンする用のオイルシートもセットで売られているので、ブラジリアンワックス後の肌は見た目もつやつやに。

剃刀だと肌はすべすべになっても、毛穴が気になる…という人もいるかもしれませんが、ブラジリアンワックスでは毛根から抜けるので、見た目もきれいに仕上がるのが人気の秘訣です。

また、ブラジリアンワックスはエステでも取り扱っているお店が多く、価格もお手ごろなので、エステに通っているパリジェンヌも少なくありません。

とくにデリケートゾーンはプロにしてもらうほうが安心だと思う人が多いみたい。

ブラジリアンワックスで脱毛を続けると、次に毛が生えてくるまでの周期がだんだん長くなる傾向があるのもメリットのひとつです。

体の部位それぞれに合った方法で、肌の表面を守りながらケアする

All about beauty/Belgiumさん(@beauty_tested_and_approved)がシェアした投稿 – 2016 12月 19 5:28午前 PST

さらに、フランスはデリケートゾーン専用の石鹸やデオドラントが充実しています。おかげで、ニオイや黒ずみなどにもしっかりとアプローチすることが可能。

これらの製品も普通のスーパーや薬局で手に入る身近なものなので、日ごろから専用の製品を使ってケアしている人が多いのです。

デリケートゾーンへの意識が高いパリジェンヌたち。

体の部位それぞれに合った方法で、肌の表面を守りながらケアするのが彼女たちのこだわりです。

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

素肌もっちり快感。和食からヒントを得た「野菜コスメ」
スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ
毛穴の黒ずみどうにかしたい。正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた
スマホで肌年齢を分析。シミの場所もわかる。スキンケアにやる気を出すサンフランシスコ女子
肌荒れ治したいなら、頰づえやめてみる
サッと拭くだけ。顔、洗わなくてもいい
サンフランシスコ女子はコスメデパートに夢中。多数のブランドをミニサイズで試せる

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。