ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Zeebra「感動しました!」 ジュニア&シニア混合のハロウィン・ダンスパーティー優勝チーム決定

Zeebra「感動しました!」 ジュニア&シニア混合のハロウィン・ダンスパーティー優勝チーム決定

 少子高齢化が進み世代間を越えた繋がりが希薄になりつつある中、人と人を繋ぐチョコレートブランド『キットカット』を通じて、新たなハロウィンの楽しみ方を子どもたちとシニア・ポストシニア世代に提案し、地域社会の活性化を応援する【キットカット ハロウィン ダンスパーティ 2017】が、10月22日 渋谷 CLUB camelotにて開催された。

その他イベント写真

 ネスレは“キット、願いかなう。”を合言葉に、チョコレートブランド『キットカット』において、2007年から子どもたちの夢や健やかな成長を応援するハロウィンキャンペーンを展開してきた。本格的な始動となる今年は「ディスコ」に慣れ親しんだシニア・ポストシニア層と、ダンス必修化世代である子どもたちがチームとなって“まち単位”で参加する、全国規模のダンスコンテストを実施。

 冒頭では、イベントの主旨や賞品について説明し、合わせて本プロジェクトへの想いも語られる。更に今回審査員として、渋谷区観光大使ナイトアンバサダー兼アーティストのZeebra、90年代に日本において“Girls Hip Hop”というジャンルを築いたダンスチーム「Brown Sugar」のリーダー MIHO BROWN、DJ/ サウンド・プロデューサーとして活躍しているDJ HASEBE a.k.a. OLDNICKが登場し、それぞれ本コンテストへの期待を述べた。 その後全8チームによる圧巻のダンスパフォーマンスが披露され、終始会場は熱気に包まれていくが、結果ネスレキットカット賞を「6teps」、準優勝を「舞はんど舞らいふ」、栄えある優勝を「井口ファミリー 同好会」が勝ち取った。

 優勝チームの「井口ファミリー 同好会」は、最後にZeebraとのコラボパフォーマンスを披露。子どもたちも終始熱狂し、シニア・ポストシニア層の出場者たちと共に時間を忘れて楽しんでいた。

<豪華審査員たちも各出場チームのダンスパフォーマンスに期待>

 今回参加したチームは、中学生以下と55歳以上の大人がそれぞれ1名以上を含む2名から6名の編成で、事前に映像審査を通過した全国の精鋭たち。ダンスの審査は、審査員5名によるポイント制となり、地域への想いや社会貢献、楽しさやチームワーク、ダンステクニック、個性や表現力、コスチュームの5項目それぞれ10点満点で審査された。

 本イベント冒頭にて登場した豪華審査員たちが各チームのダンスパフォーマンスに期待を寄せる場面も。まず渋谷区観光大使ナイトアンバサダー兼アーティストのZeebraは「全国各地から集ったダンスチームのパ頂上決戦が行われると考えるとワクワクしますね。ハロウィンという一年に一回のパーティを楽しんでほしいと思います。」と、各チームのダンスのクオリティに期待する旨コメントすると、MIHO BROWNは「今日は幅広い世代の皆さんが、ダンスを通じて一丸となる姿を楽しみに来ました。頑張ってください!」と、出場チームににエールを送る。DJ HASEBEも「自分が作った楽曲で披露されるダンスがとても楽しみです。」 と楽曲とのコラボレーションについて感想を述べていた。

<各チーム圧巻のダンスパフォーマンスで会場が熱狂>

 豪華審査委員たちの前で、各チーム圧巻のダンスパフォーマンスを披露。特に「井口ファミリー 同好会」は、アクロバットなパフォーマンスを見せ、シニア・ポスト世代から子ども世代まで全員ハイクオリティなテクニックを披露。「ビデオ選考の段階からアクロバットは見ていましたが、生で見れて更にかっこよくて感動しました!」と審査員Zeebraも唸らせた結果、栄えある優勝を掴み取った。チームメンバーは「一生懸命練習した甲斐がありました! 純粋にうれしいです。この経験は一生の思い出になると思います。」とコメントし、感無量の様子であった。

 その他ネスレキットカット賞を獲得した「6teps」は、個性や豊かな表現力で会場を魅了し、審査員MIHO BROWNも「音楽をダンスで表現する素晴らしさを改めて実感しました!」と絶賛するパフォーマンスを見せた。また準優勝した「舞はんど舞らいふ」には、DJ HASEBEから「手話で表現するパフォーマンスは新しく、驚きが隠されていました。こんなダンスあったんだ!という感じでびっくりでした!」と新しいパフォーマンスに関するコメントを受け、チーム全員感無量の表情だった。

 なお、優勝チームには、地域の子どもたちのための環境整備などに活用される「まちづくり奨励金」と「賞金30万円」とテレビ出演権、準優勝チームには賞金20万円、そして特別にネスレキットカット賞として、キットカット一年分が贈呈された。

関連記事リンク(外部サイト)

Zeebra、AbemaTVニュース番組初出演 フリースタイルラップの魅力を語る
安室奈美恵 最多100公演ツアーに25周年沖縄凱旋公演、引退発表……怒涛の2017年に見た「私らしく 2018年9月16日を迎えたい」の理由
ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?【Chart insight of insight】

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。