ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【クレカ VS 現金】韓国大決戦 最終的にお得なのはどっちだ? なんと1万円以上も差がついた!

韓国豆知識

セブンイレブンもある

1日目終了だが、ここで韓国豆知識をいくつか。 まず、韓国ソウル市内には『セブンイレブン』『ファミリーマート』など、日本でもお馴染みのコンビニエンスストアがいたるところにあり、当然のようにクレカ決済ができる。少額決済でも気にせずみんなカードを使うのでとても気が楽だ。またATMも併設されているから現金が必要な場合も、大変便利。

もう一点はタクシー料金の安さだ。今回、ソウル市内の移動には専らタクシーを利用したのだが初乗り料金は200円~400円と日本と比べて大変安く、カードも使える。ただしメーターを使わず「じゃあ○○円ね」と先に料金(しかも日本円で!)を決めようとするタクシーはボッタクリなので注意して欲しい。

韓国の鰻の蒲焼きはコチジャンの味

鰻の蒲焼を注文

さて、2日目のスタートだ。まずは腹ごしらえということでホテル周辺で探すと「鰻」の文字が。韓国版鰻の蒲焼きだ。味付けは日本のように甘いタレのほか、コチジャンをベースにした辛いタレ、更に塩(白焼きですね)と色々な種類がある。身も厚く表面はサクッと中はフンワリ。もちろんサラダ等々の付き出しも大量にあり、ヘルシーかつお腹いっぱいだ。

気になる料金は一人2万5000ウォン。現金派記者は2万5000ウォン、クレカ派記者はカードで1823円を支払った。

韓国のアキバ龍山の電気街でデジカメ購入

韓国のアキバ龍山へ 昔の秋葉原の雰囲気

2日目は買い物に全力を出そうということで、”韓国のアキバ”と呼ばれる龍山の電気街へ向かってみた。ここは昔の秋葉原といった雰囲気で、デジタル家電は勿論のこと、ICチップや業務用機器なども扱う一大電気街だ。いくつかの建物に分かれているが、とある建物は1フロアが丸々マザーボードの店だけであるなど、パソコン好きならいくら時間があっても足りないだろう。

GYM CAMERA

そんな中、ガジェット通信の記者である我々が注目したのが『GYM CAMERA』だ。これは『GoPro』を思わせる防水・防じん・対衝撃に優れたデジカメで、日本では未販売。フルHD撮影が可能で、標準で各種アタッチメントも提供されている。金額は一台42万ウォンということで、現金・カードで同じ商品をそれぞれ購入した。

ロッテの免税店で旅行カバン購入

明洞へ移動

続いて向かったのが、明洞にある『ロッテ免税店 本店』だ。有名ブランドが数多く入っており、化粧品・洋服など品ぞろえが豊富なことから、多くの観光客でにぎわっていた。こちらでは機内持ち込みOKなサイズの『サムソナイト』の旅行カバンを各々購入することに。

ここで最後にクレカ派記者に大きな恩恵が。なんとVISAカードを利用すると10%の割り引きが受けられるのだ。これは現金派記者には大きな痛手だ。

旅行カバンを購入

現金派記者は38万2700ウォンを、クレカ派記者はカードで決済をして2万5181円を支払うこととなった。しかし後にこれはよくない判断だったと判明する。また金浦国際空港にあるロッテ免税店でもお土産として韓国のりを購入した。こちらは18ドルと表記されていたが、ウォン払いの場合2万500ウォン、カード払いの場合1386円となった。

クレカ派に痛恨のミス

日本円決済で3%の手数料がかかっていた

帰国後、現金派記者とクレカ派記者で旅行中にかかったお金を計算していると、海外カード事情に詳しい人間から「免税店のカードの買い物、日本円決済になってるのでは?」との指摘が。明細を確認したところ、お店の値札でドル表示だった価格301ドルに対して、両替レート「100JPY=1.1953USD」を適用して2万5181円となっている。この両替レートは「1ドル=83.66円」だが、4月15日のVisaカードが採用する為替レートを調べると「1ドル=81.145円」。海外でのカード利用時にかかる、事務手数料1.63%を入れても「1ドル=82.467円」。つまり400円ほど多く支払っていた。これはクレカ派記者、ミスってしまったようだ。明細にもしっかり3%を上乗せしていると書いてあった……。

前のページ 1 2 3 4次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。