ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【クレカ VS 現金】韓国大決戦 最終的にお得なのはどっちだ? なんと1万円以上も差がついた!

娯楽に徹する1日目 飲んで遊んでわっしょいしょい

大統領御用達の店

初日は時間もそれほどないので、食事と夜の娯楽にいそしむことに。韓国到着早々に日本ではご無沙汰なユッケビビンバ(各自1万ウォン)で腹ごしらえはしたものの、ここはやはりお肉が食べたい。そこで向かったのがホルモンの有名店『良味屋(ヤンミオ)』だ。 ここは大統領御用達の店と言われており、特にミノと大腸は「韓国で一番旨い」とも評される名店だ。

絶品のホルモン

ホルモンを注文するとお店の人が付きっきりで絶妙の焼き加減に仕上げてくれる。頂くとミノはとても肉厚だ。ここで不思議な体験をする。ここのミノは硬さがみじんも感じないのだが、コリコリとした食感はきちんと残っているのだ。柔らかければミノの特徴的な食感は失いがちだが、それが過ぎれば逆に“硬い”と感じてしまう。その微妙な加減を失うことなく残しているのが『良味屋』のミノなのだ。「韓国で一番旨い」という評価に間違いなしのお店であった。

カードで支払い

と脱線したが、ビールや骨付きカルビも注文し、現金派記者は6万3000ウォン、クレカ派記者は4594円を支払った。

射撃場で銃を撃ちまくる

明洞の射撃場

お腹もいっぱいになったので、次に韓国らしいお店で遊ぼうと『明洞(ミョンドン)実弾射撃場』へ向かった。こちらは何十種類もの拳銃が用意されており、過去には日本のテレビ番組でも紹介されたことがある。日本人スタッフも常駐しているため、言葉で悩むこともない。

弾数や銃の種類にもよるが、今回はオススメされた『ルパンコース』(一人20万ウォン、約1万4000円)で遊んでみた。使用拳銃はその名の通りで、ワルサーP38等の実弾射撃を楽しめる。銃の破裂音と、火花も飛び散るその迫力は、日本では到底味わえるものではなかった。

伝説のホンタクを食べてゲンナリ

ポテトチップスのキャラクターみたい?

明洞での射撃後、まぁボチボチ次の場所へ……と思い、ふらふら歩いていてみつけたのがこちらのお店。

最初に注目したのは看板のマークが某ポテトチップスのキャラクタにそっくりで「ああ、ネタになるなぁ」という程度であった。が、ショーケース内に“ホンタク”を発見! “ホンタク”とは“ホンオフェ”(ガンギエイを壺などで発酵させたもの、強烈なアンモニア臭が特徴)と共にマッコリを頂く韓国料理だ。「口に入れた途端に卒倒した」「涙を流しながら食べた」と言われる程に強烈な風味は、スウェーデンの“シュールストレミング”と共に世界トップレベルの芳しい料理として有名だ。気がつけば記者2名は店内に吸い寄せられていた。

これがホンオフェ

マッコリと共に注文すると、10分程で“ホンタク”は出てきた。こちら2人で4万2000ウォン。トッピングとしてニンニク・エゴマ・豚の三枚肉が添えられている。出てきた途端、席の周りにアンモニア臭がし、食べてもいないのにプレッシャーを与えてくる。

エゴマやニンニク、キムチと共に頂いてみると……、あれ、思ったよりもアンモニア臭は強くない。サッパリとした味付けで身は軟骨だろうかコリコリとしている。エゴマの香りやキムチの辛みで中和されたのか、これなら食べられる……、と思った途端に刺激臭がドーンと来た。思わずムセる現金派記者。ちなみに今回注文した“ホンオフェ”は約20枚程。1枚、2枚と食べ進むが、徐々にペースは落ちていき、半分を超えた頃には会話が失われていった。なんとか食べ終わり、現金派記者は2万1000ウォン 、クレカ派記者は1531円をそれぞれ支払う。

24時間遊び倒せ! カジノで散財

カジノへ

お金を使うことが目的である我々が次に向かった場所がカジノ。ソウル市内には3か所程のカジノがある。今回はソウル駅から最も近い『セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店』にお邪魔してみた。

24時間営業のカジノは深夜に入っても活気があり、カードゲームやスロットマシンを楽しむことができる。また両替所やATMもあるため、現金を持ち込まなくても大丈夫だ。

今回、クレカ派記者はそれまでの割り勘の際に全額をカードで支払い、現金派記者がクレカ派記者に支払っていた現金9万ウォンを使用。現金派も同額の9万ウォンを支払って勝負した。 この少ない軍資金ではテーブルポーカー・ブラックジャックなどを行うのは心許ないため、健全(?)にスロットマシンで遊んでみた。スロットマシンは100ウォンから遊べるため、勝てる勝てないに関わらずカジノ気分を堪能できるだろう。また、このカジノには無料ドリンクバーが設置されており、ソフトドリンクは無料、ゲームをプレイしていればアルコールも無料となる。フードも無料で(ただし、1人1回のみ)カレーやラーメンなどが食べられるそう。2人ともキレイに9万ウォンを使い切って終了。

前のページ 1 2 3 4次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。