体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元「アイドリング!!!」メンバー・玉川来夢さんインタビュー(ガジェット女子)

素敵なモデルさんやアイドルさんを撮影させてもらっているガジェット女子(GetNews girl)です! こんにちは。

今回は、アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、現在は女優・タレントとして活躍中の、玉川来夢さんにインタビュー&撮影をさせて頂きました。芸能界に入ったきっかけから、現在の女優としての活動に対する思いまで。玉川さんらしさが詰まったインタビュー記事となりました。キュートな写真も盛りだくさんなので、是非最後までご覧ください!

名前:玉川来夢
生年月日:1997年4月30日(20歳)
出身地:神奈川県
所属事務所:ワタナベエンターテインメント
好きなこと:お芝居、ファッション、写真

Q 芸能界に入ったきっかけは?
小さい頃からファッションが大好きで、モデルに憧れていました。そこで、当時自分が読んでいたティーン雑誌のオーディションに応募して、グランプリを頂いたことをきっかけに、芸能界に入りました。

Q オーディションを受けようと思ったきっかけは?
お母さんが私の夢をすごく応援してくれていて、「受けてみたら?」と勧めてくれたことがきっかけでした。モデルを始める前、お父さんは心配して芸能界入りを反対していたのですが、お母さんが「絶対にやりたいことをやった方が良いよ!」と背中を押してくれたおかげでモデルになることが出来ました。なので、芸能界入りできたのは、お母さんのおかげと言ってもおかしくない位です。

Q ティーン誌のモデルを始めてみて、どうでしたか?
思っていた以上に大変でした! 体型維持もしなければいけないですし、ポージング1つを取ってみても、写真に映る自分を見てみると、自分が撮影中に頭の中でイメージしていたポーズが出来ていないことも多くて……。雑誌を見て勉強したり、現場で先輩のポージングを学んだり、自分なりにたくさん勉強しました。

Q どんな先輩に憧れていましたか?
雑誌のトップの子達は本当にキラキラ輝いていたので、憧れていました。人気がある理由も理解出来ましたし、私自身がファンになってしまいそうなくらい可愛かったので、自分も先輩方のように可愛くなれるように努力しました。

Q アイドルとモデルの並行した活動は大変でしたか?
「アイドリング!!!」は、私にとってすごく居心地の良い場所でした! 歌もダンスも上手ではなかったですし、「アイドル」は常に可愛くいなければいけない、という固定概念を持っていたので、始める前は少し怖がっていました。ですが、「アイドリング!!!」は、極端に言えば”可愛くなくてもOK”で、バラエティや他のところの頑張りを認めてもらえる環境だったので、自分にぴったりでした。モデルとしての活動も、アイドルとしての活動も、どちらも楽しく頑張ることが出来ました!

Q 「アイドリング!!!」の中で、自分はどんな立ち位置でしたか?
泣き虫キャラでした(笑)。もう、何があっても泣くんですよ! 嬉しいことがあっても、悲しいことがあっても、悔しいことがあっても泣いていました。特に、「アイドリング!!!」はドッキリが多くて、1つの企画の為にたくさん練習したのに本当の企画は全く別の企画、ということが多くて…。私、けん玉が凄く好きなのですが、ある時けん玉の企画に参加させて頂けることになって、嬉しくてたくさん練習したんです! ですが、実はその企画はダミー企画で、本当はドッキリで…。その時は、「けん玉がやりたいって言ったじゃん!」と、たくさん泣きわめきました(笑)。

Q 普段ファッションアイテムを選ぶときは、どのように選びますか?
基本的には、雑誌で見て、気になるアイテムを買うことが多いですね。後は、可愛いモデルさん達のSNSを見て参考にしたり、実際にお店に行って試着したりして決めますね。原宿が大好きで、よく原宿に買い物に行きます。原宿は、プチプライスアイテムの宝庫なんです! 安くて可愛いアイテムが手に入るので、頻繁に行っています。特に、原宿の「GALLERIE」というお店が好きです。海外のセレクトショップなのですが、日本には無いような1点物のアイテムがたくさん取り揃えられていて、行くたびに必ず欲しいアイテムが見つかる、素敵なお店です!

Q 20歳を迎えて、好きなファッションは変わりましたか?
変わりましたね。ティーン誌のモデルをしていた時は、可愛らしいガーリーなファッションが好きだったのですが、年を重ねるに連れて少しずつカジュアルな服を好むようになって来ました。今日も、今年流行っているチェック柄を着て来たのですが、落ち着いたカラーの洋服が好きになりましたね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。