体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「阿波の法隆寺」で秋の風情を満喫も…。四国の穴場紅葉絶景と周辺情報14選

丈六寺

そろそろ紅葉の季節ですね。今回おすすめするのは絶景が見られる「穴」紅葉。知る人ぞ知る穴場スポットや、名所の中でも混雑が少ない穴Viewなど、地元の方への取材をもとに徹底的に「穴」にこだわりました。

そこで、厳選した四国エリアの紅葉絶景スポットとその周辺スポットを合わせた14選をご紹介いたします。混雑しやすい名所は朝からおでかけするのがおすすめ。紅葉散策のあとはゆったり楽しめるお食事やカフェ、温泉はいかがでしょうか。

この秋は、通な紅葉絶景を眺めにおでかけしてみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

1. 丈六寺【徳島県徳島市】

県下現存最古の曹洞宗禅寺。境内の紅葉は見応え満点!

丈六寺辺りが真っ赤に染まった切妻屋根の「一の門」。訪れていきなりの絶景に目を奪われる丈六寺いちばんの見どころは国指定重要文化財の「三の門」周辺。紅葉の色づきがグラデーションを描く

紅葉色づき予測 11月中旬~12月上旬

所蔵物の貴重さから「阿波の法隆寺」の別名を持ち、本堂や門など数多くが国指定の重要文化財に。境内の各所が紅葉で彩られ、シーズンでも混み合うことが少ないので、ゆっくりと愉しめる。 丈六寺(じょうろくじ)

住所/徳島市丈六町丈領32

料金/参拝無料

アクセス/JR徳島駅よりバスで30分、丈六北バス停より徒歩5分

駐車場/20台

「丈六寺」の詳細はこちら

2. 大麻比古神社【徳島県鳴門市】

「おわさはん」と親しまれ紅葉の美しい自然の森も。

大麻比古神社長い参道を歩きながら、随所で鮮やかな紅葉が楽しめるパワースポット

県下屈指の格式を誇る阿波国の一宮。境内のイロハモミジをはじめ、裏にある丸山公園のカエデやハゼなど紅葉の種類も多彩。 大麻比古(おおあさひこ)神社

TEL/088-689-1212

住所/鳴門市大麻町板東字広塚13

営業時間/8時~17時(祈祷受付9時~16時30分)

定休日/なし

料金/参拝無料

駐車場/1000台

「大麻比古神社」の詳細はこちら

3. 門前一番街【徳島県鳴門市】

やわらかくてモッチモチ!鳴門生まれの名物うどん。

門前一番街あっさりしたダシの醤油味。具は刻みあげやちくわなど

四国八十八ヶ所霊場一番札所「霊山寺」の横。お遍路さんにも評判の「鳴ちゅるうどん」は、不揃いな細麺のご当地グルメ。 門前一番街

TEL/088-689-4388

住所/鳴門市大麻町板東字西山田29-6

営業時間/7時~17時

定休日/なし

料金/わかめうどん400円、金時芋ソフト350円

駐車場/15台

「門前一番街」の詳細はこちら

4. 岩屋川渓谷【高知県仁淀川町】

巨岩や奇岩がゴロゴロ並ぶ大自然の造形美に秋の彩り。

岩屋川渓谷その美しさから「青の神秘」と賞賛される清流と紅葉が同時に。散策には歩きやすい靴と服装で

紅葉色づき予測 11月上旬~12月上旬

仁淀川の支流で四国カルスト県立自然公園の一画。清流が滝や淵を形成し、約2kmの遊歩道はちょっとした冒険気分が味わえる岩場や吊橋も。荒々しい景観と紅葉のコントラストが絶妙。 岩屋川(いわやがわ)渓谷

TEL/0889-35-1333(仁淀川町観光協会)

住所/吾川郡仁淀川町別枝

料金/観賞無料

駐車場/100台

「岩屋川渓谷」の詳細はこちら

5. 中津渓谷【高知県仁淀川町】

圧巻の淵を目指す遊歩道は途中に七福神や不動明王。

龍宮淵「雨竜の滝」の上流にある「龍宮淵」。中津渓谷のもっとも奥にあり、滝の落差は約15

m

大小いくつもの橋を渡る約2.3kmの遊歩道があり、仁淀川本流の渓谷を紅葉が彩る。中でも迫力の景観に秋化粧を施した「雨竜の滝」と「龍宮淵」は必見の絶景ポイント。 中津(なかつ)渓谷

TEL/0889-35-1333(仁淀川町観光協会)

住所/吾川郡仁淀川町名野川

料金/観賞無料

駐車場/15台

「中津渓谷」の詳細はこちら

6. 池川茶園 工房cafe【高知県仁淀川町】

お茶農家のお母さんたちが手づくりした絶品スイーツ。

茶畑パフェ煎茶パウダーの入ったソフトクリームやチョコ、お茶ゼリーの「茶畑パフェ」池川茶園 工房cafe仁淀川の支流・土居川のほとり。天気のいい日はテラス席でのんびりしたい
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。