体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この秋、鉄道ファン激オススメの紅葉&ローカル線グルメはここ!わたらせ渓谷鐵道「列車のレストラン清流」

f:id:Meshi2_IB:20171004210251j:plain

昭和から平成の初めにかけて、浅草と日光・鬼怒川を結んでいた東武特急1720系電車。

当時は「デラックスロマンスカー(DRC)」と呼ばれ、長きにわたって人気を博しました(写真下)。

f:id:Meshi2_Writer:20171002011937j:plain

今も東京・東向島の東武博物館や、埼玉・さいたま市内などで大事に静態保存されていて、かつての気品あふれる姿を見ることが出来ます。

さらに! この「デラックスロマンスカー」で食事を楽しみながら旅気分も一緒に味わえる場所が、今もあるとのこと……皆さん、ご存じでしょうか?

人気の「わたらせ渓谷鐵道」へ

f:id:Meshi2_Writer:20171002012134j:plain

東京から上越新幹線で1時間弱、高崎で両毛線に乗り換え45分ほど……都合およそ2時間で、群馬県の桐生(きりゅう)に到着します。

この桐生から分岐しているローカル線が「わたらせ渓谷鐵道」

群馬の桐生から栃木の間藤(まとう)までの44kmあまりを1時間半前後で結びます。

国鉄時代は足尾線(あしおせん)と呼ばれた路線で、今は第三セクターの鉄道となっています。

f:id:Meshi2_Writer:20171002012325j:plain

桐生からさらに50分あまり、降り立ったのは、レトロな木造駅舎が残る「神戸駅」。

群馬県みどり市にある無人駅で、駅舎は国の登録有形文化財となっています。駅名の「神戸」の読み方は、“こうべ”ではなく「ごうど」

懐かしさを漂わせるホーローの駅名板も、漢字の「神戸」より、ひらがなの「ごうど」のほうが大きく書かれていますね。

「デラックスロマンスカー」が送る、第二の人生

木造駅舎を抜け、ホームに出てくると……停車中のわたらせ渓谷鐵道のディーゼルカーの向こうに、お目当ての「デラックスロマンスカー」の姿が見えました!

f:id:Meshi2_Writer:20171002012455j:plain

でも、もちろん現役の車両ではありません。

さあ、その正体は?

f:id:Meshi2_Writer:20171002012608j:plain

「列車のレストラン 清流」といいます。

今から23年前の平成6年(1994年)、この地で「デラックスロマンスカー」が“第二の人生”を送りはじめたのを機にオープンしました。

ココでは、かつての「デラックスロマンスカー」の車両を“レストラン”として活用し、営業しています。

「わたらせ渓谷鐵道」随一の注目スポットというべき場所なんです。

f:id:Meshi2_Writer:20171002012626j:plain

日中、間藤行と桐生行の列車がすれ違う時間、上下線の線路が埋まり、さらにデラックスロマンスカーも見えると、山間の小さな駅とは思えないくらい「鉄分たっぷり」な空間が生まれます!

しかも「わたらせ渓谷鐵道」は非電化にもかかわらず、「デラックスロマンスカー」は電気を集めるパンタグラフを上げた状態になっているのも面白いところ。

こちらの神戸駅には「デラックスロマンスカー」の中間車が2両保存されています。

厨房のある建物を挟むように2両置かれ、通常は間藤寄り(上写真、手前側)の車両がレギュラーで使われていて、桐生寄りの車両は、団体のお客さん用に使われているのだそう。

周辺の山が色づき、紅葉が見ごろを迎える時期には、多くのお客さんが訪れることでしょう。

デラックスな“リラックス”を体感。驚異の1100mm!

さっそく「列車のレストラン清流」の店内にお邪魔します。

こちらは食券制となっており、まず自動券売機で食券を買い求めます。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。