ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

多くのクイズマニアが、未だ崇め奉る伝説的テレビクイズ番組がある。

 

『史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ)初めて放送されたのが1977(昭和53年)年10月なので、今年で40周年を迎えた。これを知っているあなたはかなりのウルトラマニアだ(笑)。

 

好評につき翌年第2回大会を敢行、そして番組は毎年秋に特番で数週に分けて放送するレギュラーに。いつしか日テレの看板番組、クイズ番組の代名詞になるほど人気は沸騰、1992年(第16回)まで続いた。’98年には、”今世紀最後”と銘打ち一度復活している。

 

終了からこれだけの年月が経過しても、根強いオールドファンはもちろん、リアルタイムで番組を観たことのない若いクイズプレイヤーにもファンがいる。クイズマニア達にとってウルトラクイズ優勝者はレジェンドで、活躍した挑戦者もヒーローとして称えられ、その面々を囲むイベント等は今でも開催されるほどである。

 

バラエティ番組などでクイズコーナーがあれば、BGMや効果音、早押しハット(早押しボタンを押すとパネルが立つ帽子)、◯☓どろんこクイズ、などウルトラクイズ発のアイテムや形式がパロディで使用されるなんてザラ。クイズというジャンルで、これほどテレビ界にも世間にも永く影響を与えているカリスマ的番組は他にないだろう。

 

どんな番組だったのか?

合言葉は「知力・体力・時の運」。挑戦者は、国内第一次予選・東京ドーム(後楽園球場)に全国から自腹で集結し、◯☓クイズに挑んで100名が決まる。成田空港ではジャンケン、グアムでは◯☓どろんこクイズ、砂漠ではバラマキクイズなど、アメリカ各地で、時に奇想天外な形式のクイズに挑みながら決勝地ニューヨークを目指す…というのがオーソドックススタイル。勝てば天国負ければ地獄、出題数1,000問に挑む過酷なクイズの旅だった。毎年夏に放送される「高校生クイズ」の原型である。

 

プレイバックウルトラクイズ

簡単に歴史とこぼれ話を振り返る___

最初は地味だった

 

司会の福留功男アナウンサーが「ニューヨークへ行きたいか-!」と挑戦者を煽るシーンが印象強いが、第1回大会は地味で「みなさんニューヨークへ行きたいですか?」という問いかけみたいな感じだった。

 

後楽園球場に集まった挑戦者は404人、グラウンドで巨人の選手が練習をしている中、内野席に座り○×クイズに挑む。回答は、◯✕のパネルを手に持って掲げるというものだった。(※挑戦者がグラウンドで◯と✕へ分かれて走る形式は2回大会から)

 

記念すべき第1問は

Q「上野動物園のパンダ夫婦の名前は、リンリンとランランである」

(正解「✕」 ランランとカンカン)。

 

ちなみに第2問は

Q「巨人軍長嶋茂雄監督の背番号は、3 である」

(正解「✕」 最初の監督時代は90番)。

 

当時の時事問題。難問は可哀想だから簡単にしたのかもしれないけど、間違えた人はいた。

 

人気者の誕生

第3回大会で優勝した宗田利八郎さんは、当時の人気プロレスラー、アブドラ・ザ・ブッチャーに似ているとして“宗田ブッチャー”という相性で呼ばれ人気者に。人懐っこそうな風貌、クイズの最中に胃が痛くなったり、29才独身をイジられ、また挑戦者の中に年頃の女性もいたりして煽られて話題を呼んだ。

 

宗田さんは福島県で酒屋を営む普通の男性だったが、テレビ放送以来、一気に有名人になってしまった。宗田さんのようにウルトラクイズで顔が知れ渡り、ファンレターが沢山送られるなど人気者になった人は大勢いる。中には某TV局から女子アナウンサーへのオファーが舞い込んだり、ドラマに出演してほしいと役者の話が来たり、なんて人もいたそうだ。

 

7回目で1万人突破!

昭和40年男 2016-07-11 発売号
Fujisan.co.jpより

第5回大会は、参加人数が5,000人を超えると見越し、球場に入る前に第1問を出題して一塁側・三塁側のスタンドへ分かれる形式を取る。

 

福留アナが「ニューヨークへ行きたいかー!」と大声で煽るようになったのは第6回大会から。その年の大晦日ゴールデンタイムには「ウルトラクイズ史上最大の敗者復活戦」という3時間半の特番を打つ。全国各地で予選を行い、東京での本選出場者を選出、優勝者は生放送中に決めるという大掛かりな企画だった。全国での総参加人数は7万7,779名だったが、関東大会の後楽園球場に集まったのは5万人以上で、入場できない人が大勢いたという。日テレはウルトラクイズに確かな手応えを掴んだはずだ。

 

そして第7回大会で後楽園に集まった挑戦者は、1万203名、ついに1万人を突破する。世間の認知度も高く、この頃から年に一度のイベント感が更に増してきた感じがあった。TV雑誌でも突撃レポ的な記事や特集も多く組まれるようになり、第4週目放送回で記録した視聴率34,5%は歴代トップである。準々決勝まで残った18歳の女性挑戦者の奮闘ぶり、優勝したのがクイズ番組初挑戦だった男性だったことなど、視聴者に親近感を持たれたからと思われる。

 

第10回、南北戦争でギャラクシー賞を受賞

記念すべき第10回記念大会は、途中で挑戦者が北米ルートと南米ルートの二手に分かれ、それぞれ勝ち上がった2人がニューヨークで顔を合わせて決勝戦をするという壮大なスケールで行われた。

 

放送批評懇談会が日本放送文化の質的な向上を念頭に掲げ表彰する「ギャラクシー賞」の特別賞を受賞する。クイズ番組で獲得するのはとても珍しいとして話題になった。

 

クイズアスリートが揃ったハイレベルバトル

第13回は伝説的な大会だったと語り草である。アメリカ本土まで勝ち残った9名は全員男性でクイズマニア、学生はクイズ研究会に属すという猛者が顔を並べた。

 

“ウルトラ史上最高の決戦”と称されるのが、準決勝ボルチモアで行われた「早押し通せんぼクイズ」。ルールは、通常の早押し問題に3問正解すると通過問題に挑戦できる。誰かが正解して阻止、自分が誤答するとポイントが0に戻ってやり直し。正解すれば決勝のNYへ。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。