体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「将棋界のまゆゆ」こと女流棋士・香川愛生 「世界最強のコンピュータ将棋」開発者と対談

「あそこはあれで本当に良かったのか。最善の手はなんだったのか。その結論が簡単には出せないんです。だから一旦考え始めたら、どこまででも考えられちゃうんです。だから……」

視線を落として熟考したのち、ちょっと早口で答える。

「それに一旦ケリをつけるためにコンピュータ将棋を活用している部分はあります」

香川愛生女流三段である。

2008年、15歳で女流2級としてプロ入り。2013年、第35期女流王将戦本戦トーナメントを制し、里見香奈女流四冠(当時)を破って女流王将に。翌年もタイトルを防衛。昨年公開された映画「女流棋士の春」では主演し、なんと主題歌も担当。「ファミ通」や朝日新聞に連載を持つ、強くて多方面で活躍しているプロ女流棋士なのだ。

”将棋界のまゆゆ”と異名をとる女優棋士と、コンピュータ将棋を知ろうというのが趣旨。この時、彼女の真向かいにはこの男が座っていた。

見た感じは、ごく普通の会社員だ。名を瀧澤誠という。KDDIに勤務しているが、実は彼、「世界一の男」なのである。

瀧澤は個人的な趣味で、コンピュータ将棋ソフトのプログラミングをしている。その「elmo(エルモ)」が、今年5月に行われた第27回世界コンピュータ将棋選手権で、なんと優勝してしまったのだ。

コンピュータ将棋の世界に興味を持っている人なら、きっと「Ponanza(ポナンザ)」をご存知だろう。この5月までのコンピュータ将棋の世界大会を四連覇。プロ棋士と対局する電王戦では負けなしで、開発者の山本一成さんは「情熱大陸」(TBS)で取り上げられるほど注目されているコンピュータ将棋界の絶対王者である。そのポナンザに、瀧澤の開発したエルモが勝ってしまった。

そもそもの話「コンピュータ将棋ってどんな仕組みなの?」なんてことも気になる。せっかく「世界一」がKDDI社内にいることだしということで、直接話を聞いてみることになった。

ただし、将棋については単なる「下手の横好き」のTIME & SPACE編集部員。超強力な助っ人として、香川愛生女流三段に同席を依頼。ここに美しき女流棋士と、最強のコンピュータ将棋プログラマーの対談が実現したというわけである。

コンピュータ将棋とはいかなるものか

香川女流三段「そもそもコンピュータ将棋とはなにか、について教えていただけますか?」

KDDI瀧澤「コンピュータ将棋には、おおまかに言うと「先を読む機能」と、「採点する機能」が実装されています。エルモ開発後、色々な人に利用してもらってうれしく思っています。」

香川女流三段「私も自宅で将棋の研究をする時に、エルモさん(笑)を使わせていただいてます。人間の代わりに対戦してもらったり、次の対局をイメージして「こういう局面が来たらどう対処するか」というのをコンピュータと一緒に考えたりします。あとは、自分が実際に行った対局を再生して、自分の手の善し悪しを確認するのにも使ってます。」

KDDI瀧澤「ありがとうございます。ほかに、過去の棋譜(対局の記録)データを読み込ませて、それぞれの局面で、次にどの手を指すといいか、指した手はどうだったのか、客観的に点数化してくれるのが、わかりやすいと思います。」

そもそもエルモは、多くのコンピュータ将棋愛好家が使っている「Apery(エイプリー)」と「やねうら王」というプログラムをベースにしている。そこからいかに自分なりの発想や改良を施し、強いプログラムに育てていくかが腕の見せどころとなる。

こちらは瀧澤のPCに入っているコンピュータ将棋の画面である。「将棋所」というソフトに、頭脳となるエルモが搭載されている。

KDDI瀧澤「これはコンピュータ将棋世界選手権の決勝での、「ポナンザvsエルモ」の実際の棋譜を読み込んだものです。将棋盤が現在の局面。赤くなっている「5二金」がポナンザの手。盤の右手の白と黒の三角は、ここまで両者が指してきた手。盤の下段に表示されているのが「検討結果」。」

ここがコンピュータ将棋のキモで、

①「思考時間」=考えた時間
②「探索深さ」=何手先まで読んだか
③「探索局面数」=いくつの局面を調べてみたか

が表示されている。数字を翻訳すると、この対局におけるこの瞬間、1分44秒かけて23手先まで読み、結果1億5,166万8,733の局面を調べてますよー、ということになる。1億って……。

で、ひとつ飛ばして

④「読み筋」=次にどんな手を指せばいいか
この場合、エルモは「1八飛」と指すべしという答えを導き出した。実際には23手先まで読んだうえで、その前の値、

⑤「評価値」=どのくらい形勢が有利になるのかのポイント

を表示している。

香川女流三段「「評価値」は将棋ファンのなかではすっかり一般的になりました。でも、その盤面がなんでその点数になるのかは知らない人が多いと思うんです。」

KDDI瀧澤「たとえば駒は敵味方合わせて全部で40ありますが、そのうち必ず王を含めて3駒ずつ抽出して、その種類と位置関係を点数化しています。王様と金と銀、王様と金と桂馬……王を含めた全組み合わせを出して、それぞれ全部足した合計を評価値として出しているんです。」

香川女流三段「評価値0ならお互いにプラスマイナス0で、つまり互角。上の局面は31ですから、そんなに差がついてないんですね。」

KDDI瀧澤「これはさっきの「ポナンザvsエルモ」の88手目ですね。ポナンザが「1七香」と打ったところです。盤面的には、これ結構劇的にポナンザが攻めをしかけているんですが、下段を見てください。打たれた香車を飛車で取れば、評価値は624。この攻めを凌ぎきることができて、それどころか自分の方が有利だという評価を下しているわけです。」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。