体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪☆春夏秋冬 2017年秋 東名阪ツアー 東京公演「産声を上げろ!」ライブレポート 〜『大阪☆春夏秋冬』は、二度泣く〜

dsc_0687

2017年10月9日。大阪☆春夏秋冬は原宿アストロホールにて『2017年秋 東名阪ツアー 東京公演「産声を上げろ!」』を開催した。
先日、10月2日にavexからのメジャーデビューを発表してから、初となる東京での単独公演。原宿アストロホールは超満員(SOLD OUT)で、待ちわびた観客が会場に流れるBGMに合いの手を打つほど、開演前から熱気に包まれていた。

dsc_0009

爆音のダンスミュージックが流れ、メンバーがステージに登場。6人の激しいダンスパフォーマンスに、観客は歓声を上げてこたえる。ステージの照明が暗転していくとメンバーはペンライトを手に取り、『HIKARI』パフォーマンスを披露。aKind(あきんど:大阪☆春夏秋冬ファンの呼称)たちのボルテージも一気に上がっていく。

dsc_0018 dsc_0024 dsc_0029

立て続けに『Raise a FLAG!!』の前奏が鳴り響く。MAINAが「声出してー!」と煽り、観客もオイ!オイ!と、拳を振り上げこたえ、会場の一体感が増していく。
メンバーのパフォーマンスは、アグレッシブでありながら、ひとつひとつのキメも丁寧に踊り上げ、存在感を増し、観客をステージへ釘付けにする。曲の最後には大阪☆春夏秋冬のフラッグを広げ、“パーティーの始まり”を告げた。

dsc_0078 dsc_0098 dsc_0109

ライブでの人気曲『C’mon!』。間奏中、お客さんたちも隣の人と肩を組みコーラスを大熱唱。フロアが揺れるほどの熱気だった。そのまま畳みかけるように、 『妄想ラプソディ』『戸惑い』『レインボーカラー』と、メドレーで駆け抜ける。この勢いこそ大阪☆春夏秋冬の真骨頂ではないだろうか。

dsc_0131 dsc_0167 dsc_0178 dsc_0182

MCでは、EONが、“大阪☆春夏秋冬が東京に寮を作り、一年が経っている”ことを明かし、メンバー一人ひとりが、この一年について語った。

dsc_0225

MAINA:
芸能活動をはじめた頃から、東京に出て来るのが目標であり夢でした。あっという間の一年でしたが、東京は発信の早い場所だなと思った。私たちが一つ発信したことへのレスポンスが早くて、すぐに新しい発信が生まれてモチベーションがドンドン上がっています。これからも頑張っていきたいです。

1 2 3 4次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。