体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

「SNSで話題沸騰! チョコミント男子大学生・うしくろさんに聞く、この夏におすすめのチョコミント10選」(2017年8月8日掲載)に登場していただいたチョコミント男子大学生・うしくろさん。

取材時に、「最も気になるチョコミントメニューがあるお店」として名前を挙げていただいたのが、下北沢の人気店「cafe tint」。見た目にもかわいらしく、SNS映えするフードやスイーツが豊富なんです! 人気のチョコミントメニュー2種と、この秋登場予定の新作を、うしくろさんのレポートでご紹介します。

 

物語の世界に迷い込んだようなメルヘンカフェ

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

Cafe tintは2013年にオープン。「不思議な森の中の小さな隠れ家カフェ」をコンセプトに、卵の焼き方やソースなどをセレクトする「オーダーメイドオムライス」や自家製のマカロンを使ったパフェやシェイクといったスイーツを提供しています。

コンセプトに沿った可愛らしいインテリアが光る内装が印象的で、お店に入った瞬間にその世界観のとりこになること間違いなし。開店と同時に満席になることもしばしばある人気店です。

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

――うしくろさんもcafe tintのファンの一人。このお店の存在を知ったのはいつですか?

「お店がオープンしたての頃、ツイッターで見かけてからずっと気になっていたのですが、初めて来店できたのは大学生になってから。一度目は満席で2時間待ちだったので断念し、二度目のチャレンジでようやくあこがれの『チョコミントマカロンパフェ』が食べられたんですよ」

――Cafe tintの魅力は?

「チョコミントのメニューはもちろん、スイーツの豊富さや見た目の可愛らしさ。物語の中に迷い込んだような気分になれるコンセプトも本当に素晴らしいですし、あこがれます」

 

鮮やかなチョコミントグリーンと濃厚な味わいの定番メニュー2種

  チョコミントメニュー1:

まかろんパフェ チョコミント(950円)

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

――うしくろさんも来店時に召しあがったというパフェ。自家製のマカロンもチョコミント味ですね。

「見た目がパーフェクト! このチョコミントのマカロンが、清涼感と甘さのバランスが絶妙で大好きなんです。中にアイスも入ってるんですよ。マカロンの部分が真ん中に来るように撮影すると可愛く撮れると思います」チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた写真提供:うしくろさん

  チョコミントメニュー2:

マカロンシェイク チョコミント(700円)

チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた

――自家製マカロンを砕いてチョコミントシロップと混ぜたオリジナルシェイクです。チョコミントとチョコレートのマカロンが可愛いですね!

「濃厚な甘さでおいしいです! シェイクに大きめのチョコレートが入っていて、食感も楽しいです。チョコミントアイスも載っていて、贅沢なメニューですよね。全体の色合いもブルーが基調で、理想のチョコミントカラーです!」チョコミント男子・うしくろさんと行く! 下北沢のCafe tintでSNS映えするチョコミントメニューを食べてみた写真提供:うしくろさん

 

「フロムエーしよ!!」取材を機に誕生した新メニュー2種

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。