体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは見つけられた?アメリカ横断企画 ウォーリーを探せ & Frame in Photo

あなたは見つけられた?アメリカ横断企画 ウォーリーを探せ & Frame in Photo

アメリカ横断から帰国しました!ライターの伊達です。

photo by naganuma

今回のアメリカ横断では、ルート66にちなんで”66個の企画”を用意しておりました。それが、Frame in Photo とウォーリーを探せ!ならぬ旅するメガネこと編集部メンバーの長沼を探せというものです。

 

Frame in Photo

フォレストガンプポイントで撮影した一枚。車が来ないか見ながら、必死の撮影でした!

こちらは、Mono Lake(モノ湖)と行って、いびつな形をした岩がたくさんありました。「Mono」とは、ネイティブアメリカンの言葉で「ハエ」を意味するそうで、本当にハエがたくさんいます。

▲ダンデスビュー

デスバレー国立公園、ダンデスビュー。目の前にただひたすら広がる青空。足元が悪く座っていないと下に落ちてしまいそうでした。

ラスベガスでは、カジノをしました!欲が出るといけませんね(失笑)

▲ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園、ミラーレイク。奥に見える山が、湖に反射していてとても美しかったです。風もなかったのでここまで綺麗に写りました!

アメリカ横断で必ずと言っていい程立ち寄る、グランドキャニオン。想像していたよりも広大で、自分の目で見た時は涙が溢れました!

こちらも、王道の絶景ホースシューベンド!普段、InstagramなどのSNSで見かけることが多いですが、実際に見てみると、広大さが写真とは全然違いました。

こちらはユービーヒービークレーターと言って、約300年前の巨大な噴火によってできたとされています。

アンテロープキャニオン。実は結構人が多く、立ち止まってゆっくり撮影することががなかなか難しい!よく見かける、日の光に照らされた自分の写真、どうやって撮ったですか?と聞きたいです。

どんどん、皆様が見たことのある形式が並んできました!こちらはモニュメントバレー。ここで、編集部メンバーは最高のプロフィール写真を撮影してきました。

そして、ついにやってきましたセドナ!パワースポットと言われ世界各地から観光客が訪れることはもちろん、芸能人も多く訪れます。私たちはカセドラルロックに登りました。セドナのパワーをもらうことはできたのでしょうか?

私たちは、アメリカの南を通るルートだったのでニューオーリンズにも立ち寄りました。海外アーティスト「ビヨンセ」が来たことのあるレストランで、皆でランチをしました。

さらに南下し、マイアミを経由してオーランドへ。こちらは「ウォルトディズニーワールド・アニマルキングダム」です。横断前は、立ち寄ることができるかわからなかったのですが、日程に余裕が出たので行くことができました♪

フィアデルフィアにある、映画「ロッキー」の舞台となったロッキー・ステップで。階段の途中ですが、登りきったポーズをしています。

そして、ゴール地NYでオフ会!32日、1万キロの旅、お疲れ様でした!

そしてもう一つの企画はと言うと…

関連記事リンク(外部サイト)

プロカメラマン直伝!世界一周前に悩み抜いて選んだカメラグッズ11選
プロが選んだ!憧れの写真を撮るためのレンズと作例(写真30枚)
旅行に持って行きたいシグマのレンズ10選
インスタフォロワー8,000人の旅人に聞いた「イケてる自撮り写真の撮り方」→実際にやってみた

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。