体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

システム運用のオシゴトって、どんなことをしているの?~『運用☆ちゃん』Incident 001~

前回のあらすじ

システム運用業務の認知向上、プレゼンス向上の使命を背負い、1人(?)の妖精がサーバルームに舞い降りた。その名は「運用☆ちゃん」。

2年目の運用エンジニア、海野 遥子(うんの ようこ)の運用業務に対する意識の低さを嘆き、「そんなことだから、いつまでたっても運用がナメられるのよ!」と突然ブチギレる。

『運用☆ちゃん』第1話(Incident 001) ~ 運用のオシゴトって?


運用業務は、大きく4つの箱で成り立っているわ。
業務運用
システム運用
ヘルプデスク/サービスデスク
運用統制


ふむふむ……メモメモ

「運用」って、いったいどんなことをしているの?


まずは、業務運用から説明するわね。
システムを使う、業務サイドに近い人たちね。

業務運用の主な仕事

運用項目と実施スケジュール(年間/月間/週単位/日単位)を作って管理したり
組織変更や年度末対応のような、業務イベントの対応を計画したり 変更やリリースに対応したり
システムテスト、運用テストを実施したり
データやマスタのメンテナンスやバックアップをしたり
ソフトウェアライセンスを管理したり
日々発生するトラブルや障害の切り分けや一時対応をしたり(インシデント対応)
インシデントを再発させないための防止策/予防策を検討したり(問題対応)
ユーザの情報を管理(登録/権限付与削除/棚卸しなど)をしたり
手順書やマニュアル、ユーザへの周知文書などを作成したり
ジョブ(オンライン/バッチ)を設計して管理したり
セキュリティ対策をしたり


そして、システム運用!

「システム運用」とひとくちに言っても、その内容は大きく2つに分けられるわ。
アプリケーション(業務系、情報系、基盤系)
インフラ(サーバ、ネットワーク、ミドルウェア、DBなど)


なるほど。
私のシゴトは、「アプリケーション」の「基盤系」ね!

システム運用の主な仕事

各種監視(死活監視、性能監視、セキュリティ監視など)をしたり メモリやディスクなどのリソースやキャパシティを増強したり
機器のメンテナンスや老朽化対応をしたり
パッチの適用やバージョンアップをしたり
システムに関わるインシデント対応、問題対応をしたり
変更やリリースに対応したり
その他、新しい技術を調査・検証したり


新しい技術の調査や検証も、システム運用のお仕事なの? 
担当システムの枯れた技術とずっと向きあわされている人もいるみたいだけど……。


うわぁ〜、それはもったいないわね!
新しい技術に理解がないタイプの上司がいると、そんな状況になりがちよね。

「今のままでも十分運用できているから必要ない」なんて言われて、新技術を導入したいのに許可が降りない……。そんなんじゃ、どれだけ優秀なエンジニアでもやる気をなくしちゃうわよ。ほんと、いやになっちゃう。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。