体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新進気鋭の泡系ラーメン「Ramen 辻」がいろいろとスゴかった【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170908170552j:plain

泡系ラーメンってご存じですか?

その名の通りスープが泡状態のラーメンで、今までのラーメンにはないちょっと斬新な見た目が特徴。2016年あたりからジワジワ人気となり、今や定番ともなりつつある系統です。

今回はそんな泡系ラーメンを提供するラーメン店「Ramen 辻」をご紹介します。

いやはや、お店の佇まいも味もビジュアルもチャーシューも具材も、いろいろと驚かされました……!

これはだいぶシャレとるな

f:id:mesitsu_lc:20170908170747j:plain

大阪市営地下鉄、谷町線「谷町四丁目駅」からほど近くにある「Ramen 辻」。

一見ラーメン屋さんとは思えない店構えです。

f:id:mesitsu_lc:20170908170814j:plain

真っ白な壁に「Ramen 辻」と小さく入っているだけで、ラーメン屋さんによくあるのぼりもなし。

こんにちはー。

f:id:mesitsu_lc:20170908170831j:plain

店内もシンプル・イズ・ベストな佇まい。木の床がとてもシック。

f:id:mesitsu_lc:20170908170933j:plain

このシンプルさはメニューにも現れていて、基本的に味は「醤油」と「塩」の2択。これにそれぞれ「肉増し」が追加され、計4種類のラインアップです。

f:id:mesitsu_lc:20170908171048j:plain

店主の辻さんは、「Ramen 辻」を開く前、約20年間ほどサラリーマンで営業を行っていたのだそう。

以前から自分で何かお店をやりたいと思っていて、満を持して好きだったラーメン屋さんになろうと決意。まずはラーメンの知識を仕入れるために専門学校に通い、その後修行へ。

そうして2016年6月、ついに「Ramen 辻」をオープンさせたのです。

脱サラしてラーメン屋さんなんて、ちょっと憧れちゃいます。

泡系白湯ラーメンができるまで

f:id:mesitsu_lc:20170908171146j:plain

大きな寸胴で鶏ガラと豚足をぐつぐつ。約4時間ほど煮込むのだそうです。豚足を使うことでスープにコクととろみが出るのだそう。

f:id:mesitsu_lc:20170908171201j:plain

数種類の醤油で仕立てたタレを、器に一杯。

f:id:mesitsu_lc:20170908171220j:plain

麺は比較的細麺を使用します。

f:id:mesitsu_lc:20170908171245j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。