ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エルシャラカーニ山本しろうの誕生日プレゼントが毎回ちょっとズレている

エルシャラカーニ山本しろうの誕生日プレゼントが毎回ちょっとズレている

今回お話をうかがったのは、サンミュージック所属のお笑い芸人「ケンキ」さん。彼を慕っている後輩芸人「エルシャラカーニ」の山本しろうさんのほのぼのエピソードとは!?

IMGP1283

「これは事務所の後輩のコンビ『エルシャラカーニ』の山本しろう君の話なんですけれども。僕と彼は20年来の付き合いなんですよ。しろう君は僕の誕生日会を毎年やってくれるんです。根が優しいやつなんですけど、ちょっとユルいというか、詰めが甘いというか、とんでもないハプニングをしでかしてくれるんです。一番最初のは6年前くらいで、『ちょっと今日、ご飯食べに行きましょう』って、珍しくしろう君の方から誘ってきたんです。後輩も何人か連れて、個室居酒屋に行って普通にご飯を食べて、酒を飲んでいたら、店員さんがふすまを開けてケーキを持って入ってきて、『すいません、このケーキっていつ出せばいいですか?』って言ってきたんです。しろう君が『いや、ちょっと、”合図したら出してください”って言ったじゃないですか!』と怒ったら、『すいません。僕、バイトなんで、そういうの聞いてなくて。じゃあ、あとでもう1回来ますね』って答えるもんだから、『もういいです』という感じで、そのままケーキをもらって食べましたね。サプライズをしてくれるつもりが見事に失敗していたんですけど、楽しかったから、それはそれでありでしたよ。

 

そんなこともあって、次の年はさらに気合を入れていたみたいで、しろう君から『あの、ちょっと相談したいことがあるので、4月4日を空けておいてくれませんか?』って前もって言われていて。ライブから戻ると、後輩がみんな揃っていて、『絶対に言わないで、当日にケンキさんを驚かしてやろうと思ったんですよ。お誕生日おめでとうございます!』ってサプライズっぽく祝われたんですけど、僕、誕生日が4月3日なんです。しろう君が日にちを間違えていたんですよ。『いや、昨日だったけど』『あ、またやっちゃった!』って。

 

3年目は普通にプレゼントをもらったんですよ。低反発のマットレスを。『ケンキさんには絶対あれがいいよ』って感じで、みんなからお金を集めて買ってくれたみたいなんですけど、僕、ダブルの布団じゃないと寝られなくて、家のベッドはダブルなんですよ。でも、しろう君がくれたのはシングルのマットレス。僕の家に来たことなんて何度もあるし、絶対に知っているはずなんですけどね。『え、じゃあ、これどうします?』って言われて、『まあ、もらったからには受け取るよ』と答えて、結局、僕はそれをドンキホーテに持っていって、返品してダブルにしてもらったんですよ。初めてですよ、自分の誕生日プレゼントに追加料金を払ったのは。

 

ここ最近、僕は1年ぐらい仕事を休んでいたんです。母親が倒れてしまって、そのために浜松にある実家へ行ったり来たりしていたんです。ちょうどその時期と誕生日が重なっていたので、しろう君には『今年はいいからな。今はおふくろのことでそれどころじゃないし』って、あらかじめ伝えておいたんです。そうしたら『分かってますよ』という反応だったんですけど、いざ誕生日が来たときに、しろう君が僕のもとにやって来て『すいません。今年は誕生会とかはやらないですけど、みんなで少しずつお金を集めたんで、よかったらこれを使ってください』って言って、3万円分くらいがチャージされたSuicaをくれたんです。僕が毎週毎週、新幹線で浜松まで行ったり来たりしていたことを知っていたみたいで、これを使ってください、って。僕、涙が出そうになって。本当に、今まででいちばん嬉しいプレゼントでしたね。でも、よくよく考えたら、新幹線ってSuica使えないんです。だから、やっぱりしろう君らしいなあ、と思いましたね」

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy