ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。
シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」

詩人ゲーテが『イタリア紀行』でそう綴ったのは、ちょうど200年前のこと。彼の言葉は、最近になってさらに重みを増してきているようです。

というのも、数年前まではイタリア旅行の訪問先としてシチリア島の名を挙げるのは、どちらかというと「イタリア旅行は2、3回目」という人が多かったのですが、最近はここをメインの目的地にする人が増えているから。シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

シチリア島の町、タオルミーナ

イタリアならではの旅スタイルを楽しむなら、レンタカーで島巡り。活火山のある田舎の村から、あの有名な湾岸の町まで、この島特有の個性溢れる町々を訪ねにレッツゴー!まずはこの特集に目を通して、旅のルートをプランニング。もちろん、イチオシのホテルも早速調べておきましょう。

シチリア島の楽しみ方は?

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

パレルモの港

シチリア島はぐるっと回ってもその距離ほんの750キロメートル(東京〜岡山の片道相当)。足を留めた先々でまったりしながら、夕陽を拝めるタイミングに間に合うように気をつけつつも、ゆっくりペースで楽しむのがおすすめです。

またシチリアでの車の運転には、ある程度の芸術的センスと慣れと、ゲーム感覚と緊張感が必要です。標識はどちらかというと情報性があるというより、暗示的。しかもパッと見ただけではどっちに進むべきか分かりづらいことも。でも、それもまたシチリアの楽しみのひとつですから、肩の力を抜いていきましょう。シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

カターニャの街並み

ラッキーな人は、海岸線沿いに218個ある見張り塔に出くわすかもしれません。これらの見張り塔は、この島がスペインのアラゴン人占領下にあった14世紀に造られたもので、当時は海賊をはじめとする海からの侵入者から島を守るのに使われていたのだそう。

世界で最も活発な活火山の一つで、ヨーロッパ最大とされるエトナ山は、10の地方自治体がその頂上で交差するという、地政学的に、南極に続いて2番目に複雑な場所です。

もうひとつ、シチリア島の不変のシンボルとなっているものといえば、コッポラ帽。20世紀初期に流行に火がついた、ツイード製のハンチング帽です。お土産も兼ねて、ひとついかが?シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

のどかなロゾリーニの風景

シチリアを訪れておきながら、海に見とれて島の素晴らしい遺跡群をすっとばしたら、怠慢もいいところ。例えば…

1.タオルミーナのギリシャ劇場こと「テアトロ・アンティコ(Teatro Antico)」。馬蹄型のこの古代劇場は、季節になると芸術祭の会場に。

2.シラクーザの「ネアポリス考古学公園(Parco Archeologico della Neapolis)」で、カタコンベとなった奇妙な石灰石の採石場を見学。

3.アグリジェント南部にある世界遺産「神殿の谷(Valle dei Templi)」の東側部分。

4.シャッカ郊外、南西の海岸線沿いに広がる、かつて古代ギリシャの強力な植民都市として栄えたセリヌスこと「セリヌンテ(Selinunte)」。

さて、気になる
おすすめホテルは?

こちらもきちんとロードトリップを意識して、ホテル厳選10軒ツアーをご案内しましょう。パレルモから東へと出発し、時計回りに島を巡り、再び首都に戻って盛大なフィナーレとなるコースです。それではご覧あれ。

01.
マッセリア・スザーファ
(MASSERIA SUSAFA)

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。

ポリッツィ・ジェネローザ

パレルモに到着したら東へと進み、のどかさ満点の島の農業中心地へ。ここにある「マッセリア・スザーファ」は、経営者一家の五代目が引き継ぐ牧場兼宿。アンティーク感とデザイナーズ感をバランス良く持ち合わせ、旧世界のムードを最大限に吸収できる空間です。遠くへと広がる目の前の牧歌的な景色は、穏やかで暖かく、旅は始まったばかりとはいえ、すでにここまで足を延ばした価値を十分感じられるはず。

詳しくはコチラ

02.
ジ・アシュビー・ホテル
(THE ASHBEE HOTEL)

シチリアを知らずして「イタリア」を語ることなかれ。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy