体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

観客100人から220万人へ!水溜りボンドが語るYouTuberの魅力

「ドッキリ」などのオモシロ動画や「メイクの方法」などのHow to系といった、さまざまな動画を日々投稿している“YouTuber”

 

広告や企業とのコラボ企画などで収入を得る人も登場し、今やYouTuberは“職業”としても人気!

 

動画を観ながら「楽しそう!」「好きなことで生活していて羨ましい!」と思ったことがある人も多いのでは?

 

でも、たくさんの人に観てもらえるYouTuberになるには、いったいどうしたらいいんだろう?

 

そこで、実験検証系やドッキリ系の動画が人気を集め、わずか2年半でチャンネル登録者数220万人を突破した人気YouTuber「水溜りボンド」のカンタさん&トミーさんに、話を聞きに行くことに!

YouTubeを始めたきっかけ

YouTuberとしての活動がスタート

動画撮影や編集の流れ

「YouTuber」という職業の魅力

高校生の今からできること


YouTubeを始めたきっかけ

お笑いライブに来てもらうより、動画のほうが気軽だと思った

 

大学2年のころにYouTubeを始めたという「水溜りボンド」。

 

やっぱり、高校生のころから人前に出たり、おもしろいことをするのが好きだったの?

 

観客100人から220万人へ!水溜りボンドが語るYouTuberの魅力

カンタさん(左)、トミーさん(右)

 

トミー:

「いや、お互いに目立ちたがりという感じではなかったと思います。

 

僕はふまじめというか、学校にちゃんと行かないタイプで(笑)。

 

その分、時間が余っていたので、DVDやYouTubeでずっとダウンタウンさんの動画を観ているような高校生でした」

 

カンタ:

「ぼくはよく『トミーと真逆』みたいに言われるんですけど、中学も高校もバスケ部の練習で忙しい学生でしたね。

 

部活が厳しいから放課後はあんまり教室にいれないし、前に出ていくタイプでもなかったです。

 

高校卒業後は大学へ進学しましたが、それは中学のころから漠然と“大学には行く”と考えていたからでした。当時は『YouTuberになりたい』とはもちろん考えていなかったですね」

 

トミー:

「ぼくは高校時代、まったく勉強していなかったんですけど、あるとき『このまま勉強しないで、将来何になるんだろう?』『とりあえず勉強して、大学を目指してみよう』と思って、1浪して大学に入りました」

 

そんな対照的な高校時代を過ごした二人は、同じ大学のお笑いサークルで出会うことに!

 

カンタ:

「二人とも、元々お笑いが好きだったんです。

 

大学2年の春くらいにコンビを組んで、サークル主催のお笑いライブや『キングオブコント』などの大会に出場していましたね。

 

コンビ名はトミーが“水溜り”、ぼくが“ボンド”と、それぞれがパッと思いついた単語を組み合わせて決めました」

 

『キングオブコント』に初出場した2014年には、準々決勝まで進出。プロの芸人も出場する大会で、そこまで勝ち上がるなんてすごい!

 

観客100人から220万人へ!水溜りボンドが語るYouTuberの魅力

 

トミー:

「でも、『キングオブコント』でプロの芸人さんと全力で闘っても、3000組の出場者のなかで300組まで生き残るので精いっぱいで。

 

『この人たちには勝てないな』『お笑いの道で生きていくのは難しいんじゃないか』と思うようになったんです。

 

それに当時、サークル主催のお笑いライブを定期的に開催していたんですけど、お客さんを全然集められなかったんですよ。

 

仲がいい友達に声をかけて会場に来てもらっても、100人集めるのが精いっぱいでした」

 

カンタ:

「そんなとき、ぼくがYouTubeを観ていてふと『YouTuberを目指すのもアリなんじゃないか』と思ったんです。動画配信ならライブ会場まで来てもらわなくても自分たちのネタを気軽に観てもらえるんじゃないかなって」

 

トミー:

「ライブ会場までわざわざ来てもらうとなると、お客さんにはスケジュールを調整してもらわないといけないですよね。

 

いざ会場に来ても、暑かったり狭かったりと、いろんなことを我慢してもらわないといけなくて。

 

でも、YouTubeならクーラーの効いた部屋で、好きな時間に精神的にいい状態でぼくらのことを観てもらえるし、自分たちができることも、劇場にいるより無限に増えるように思えたんです。

 

それでぼくも『YouTuberっていいな』と思い始めました」

 

観客100人から220万人へ!水溜りボンドが語るYouTuberの魅力

 

カンタ:

「それに、当時のYouTuberはHIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど、ひとりで活動している方がメインだったので、ぼくら2人でボケたりツッコんだりしながら何かに挑戦すれば、これまでにない新鮮な動画になるかもしれないと思ったんです。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。