体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっと大人な贅沢を…。一度は泊まりたい!おすすめの憧れ宿【東海】

玉峰館

数々の国賓をもてなすホテルや美食・絶景・泉質自慢の宿、さらにはリニューアルオープンしたばかりの老舗旅館まで!東海エリアは個性豊かな宿が盛りだくさんで、どこに泊まろうか迷ってしまいそう。

そこで今回は、東海エリアの憧れ宿をご紹介します!ちょっと贅沢な宿に泊まって、大人な旅の楽しみ方をしてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

灯屋 迎帆楼【愛知県犬山市】

国宝犬山城を仰ぎ見る。進化を遂げた老舗湯宿。

2017年7月1日リニューアルオープン

灯屋 迎帆楼川側にある1階角部屋の特別室。和の趣に居心地のよさをプラス

ここが注目ポイント

テラスを含めた専有面積が約88平方メートル~115平方メートルと、ゆったり利用できる伸びやかな空間。灯屋 迎帆楼貸切風呂から犬山城の天守閣が望める灯屋 迎帆楼灯りをテーマにした宿らしいロビー。かつての文人が描いた色紙絵をそのまま使う

創業1919年。まもなく100年を迎える老舗の宿が、完全リニューアル。メゾネットタイプを含む10室限定の宿に生まれ変わった。全室完備の半露天風呂には、アルカリ性の良泉が湛えられ、加えて全室のテラスからは、国宝犬山城と清流木曽川を望む。国宝の天守閣をここまで近くで望む宿は珍しく、この光景も特別感溢れるおもてなしのひとつと言える。

かつての顧客が描いた色紙絵をロビーの提灯に貼り込んだり、その昔、馬場だったことから、馬蹄がモチーフのオブジェをあしらうなど、宿の歴史に思いを馳せながらゆったり過ごしたい。 灯屋(あかりや) 迎帆楼(げいはんろう)

TEL/0568-61-2204

住所/愛知県犬山市犬山北古券41-6

料金/1泊2食付き4万110円~

アクセス/電車:名鉄犬山駅より車で5分(送迎あり) 車:東名小牧ICより25分

駐車場/23台

「灯屋 迎帆楼」の詳細はこちら

はづ木【愛知県新城市】

おいしいが健康へと繋がる、オンリーワンのフルコース。

はづ木夕食で使う漢方は約30種類。それらを巧みに組み合わせ食べることで健康を促すのが薬膳の基本理念だ。油を控え、素材の味を生かした調理法はどこか日本的。写真右上から時計回りに、鳥ムネ肉のスープ、チンゲン菜の炒め物、白身魚の蒸し物、前菜(甘エビ、くらげ、牛タン、クルミなど)、紅花入りエビの炒め物

食べるほどに体が喜ぶ<漢方薬膳懐石>

はづ木卵白と貝柱の炒め物。カルシウムの補給や美肌効果が期待できる真珠の粉入りはづ木エントランス。細やかな窓の格子、飴色に磨かれた床などが長い歴史を感じさせるはづ木客室は全5室。渓谷に面した部屋もあるはづ木正面から見ると2階建てだが、渓谷の斜面を利用したフロアが下にあるはづ木渓谷に面した浴室は2つあり、時間制で男女入れ替え。湯船にうす濁りの温泉がかけ流しで注がれるはづ木浴室の入口に五穀茶など湯上がりのドリンクを用意

奥三河の美しい渓谷沿いに建つ宿は、今では数少ない木造3階建て。昭和初期から大切にされてきた館内を歩くと、欄間や窓に緻密な細工が施され、当時の職人技を垣間見ることができる。それだけでも魅力的なのに、この宿が一度は体験してみたいと思わせ、リピーターを生み出し続けているもの。それが、漢方薬膳懐石だ。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。