体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲めるブラジャー「横須賀ブラジャー」を探して

f:id:Meshi2_IB:20170729150709j:plain

皆さん、「若松マーケット」という街を知っていますか?

横須賀中央駅からほど近くにある、昭和の雰囲気がそのまま残った飲み屋街です。ここには、ブランデージンジャーを使った地カクテルが存在するそうです。

その名も……「横須賀ブラジャー」!

ぶ……ぶらじゃあ!?

カクテルってことは、さしずめ「飲めるブラジャー」ってところでしょうか。

怪しい! しかしガゼン興味は湧いてきました。さっそく、「横須賀ブラジャー」を飲みに「若松マーケット」に繰り出しちゃいましょう。

昭和レトロな飲み屋街「若松マーケット」とは?

f:id:Meshi2_IB:20170729150608j:plain

世田谷から京急線に乗って、ちょっとした小旅行気分でやってきました、横須賀中央!

駅前のロータリーデッキから見えるこの看板が、「若松マーケット」の入口になっています。ちょうちんといい、時代を飛び越えてやってきたかのようなデザインといい……なんというかこう、心躍らされますね。

f:id:Meshi2_IB:20170729150613j:plain

そして今回、若松マーケット初心者の私をエスコートしてくださるご仁が!

「若松マーケット」の組合副会長である澤田勝彦さんです。

――さっそくですが、「横須賀ブラジャー」を飲めるお店を紹介してください! 飲んでみたいです、ブラジャー! ブラジャー!

f:id:Meshi2_IB:20170806100011j:plain澤田勝彦さん:まあまあ。そんなに焦らずに。とりあえず、「若松マーケット」を見て回りながら、「横須賀ブラジャー」の発祥についてお話させていただきましょう。

――おお! ありがとうございます!!

f:id:Meshi2_IB:20170806100011j:plainちなみに、「横須賀ブラジャー」の発音は、ブラジャー↓ではなく、ブラジャー↑が正しいです。ジンジャーのジャーなので。

――完全に乳バンドの方の発音してたぁあああああ(赤面)!

f:id:Meshi2_IB:20170729150619j:plain

澤田さんの案内で「若松マーケット」をぐるりと一周。

そこに広がっていたのは、なんとも昭和チックでレトロな情景。

こ、これはグっとくるものがある!!

――「若松マーケット」は、いったいいつから営業されている飲み屋街なんですか?

f:id:Meshi2_IB:20170806100011j:plainここは昭和23年に闇市のようなところからスタートした街なんです。建物は当時からほとんど変わっていません。店舗数は現在、約120店くらいでしょうか。そのうち70店舗ほどで「横須賀ブラジャー」を飲むことができます。要するに「横須賀ブラジャー」は、「若松マーケット」の名物なんですね。 f:id:Meshi2_IB:20170729150625j:plain

確かに、街中には至るところに「横須賀ブラジャー」の名前が。こうこうと光る看板も設置されており、キャラクターデザインも相まって非常に目立ちます。

――もしかして「横須賀ブラジャー」は、昔からある70店舗で出しているとか……?

f:id:Meshi2_IB:20170806100011j:plainいえ。そういうわけではありません。そもそも「横須賀ブラジャー」は、2011年11月11日に「若松マーケット」から誕生したカクテルなんです。
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。