ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特撮のテクニック満載!フォルクスワーゲンのだまし絵動画『up!-size』公開

特撮のテクニック満載!フォルクスワーゲンのだまし絵動画『up!-size』公開

4月27日から日本で発売が開始された、フォルクスワーゲンの新型『up!』。フォルクスワーゲンのラインナップ車種の中で史上最小の車ですが、そのプロモーションサイト『Pack up!』で、史上最強のだまし絵動画と銘打った『up!-size』を公開しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

フォルクスワーゲンで一番小さいup!ですが、「小さいから、面白い」というメッセージを込めて、遠近法やだまし絵など、いわゆる特撮のテクニックを駆使した映像となっています。このトリック映像には、ジオラマ職人の情景師・アラーキーさんが制作したジオラマも登場しています。「小さいから、面白い」というコンセプトは、かつてフォルクスワーゲンがアメリカに進出した際、大きなアメリカ車に較べてコンパクトだったビートル(タイプI)の大きさを逆手にとって「Think small.」という広告キャンペーンを行ったことを思い出しますね。

この動画公開に先立ち、ツイッター(@VW_JPN)では「映像に隠されたトリックを見抜けますか?」としたクイズ形式のツイートを投稿。海沿いの街で、黄色いup!の横に立った女性の画像ですが、どこがトリックなんでしょうか。

動画を見ていくと、いきなり上から大きな手が登場。ここで特撮映画で使われる「遠近感トリック」が明らかになります。そして次々とトリックの舞台装置を撤去していきます。女性の横にある銅像、女性の方はパントマイマーだったんですね。

画面の奥に男性が現れ、女性とともにup!に乗り込んで走り出します……と、up!が巨大化!実は前景にあった建物は、情景師・アラーキーさんが制作したジオラマだったんですね。

このメイキング映像も公開されていますが、ジオラマと車の大きさを元に、互いの距離と撮影アングルを綿密に計算する撮影準備がすごいですね。日本の伝統であるミニチュア特撮のテクニックが披露されています。ミニチュアをより本物らしく見せるには、鑑賞者の視点が重要。つまり、そのスケールに応じた人間の目線と同じ高さ(低さ)にカメラを据えることで、映像のリアル感と説得力が出てくるんですね。そして、互いの距離が離れているために指の動きとそれに対応する演者の動きがうまく合わず、悪戦苦闘する場面も。モニターを見ながらお芝居できればいいんですが、それは無理ですものね。さらに情景師アラーキーさんのインタビュー動画も公開されており、アラーキーさんによるジオラマの話が聞けます。

「小さくて凝縮された世界を、みんなやっぱり『どうやって再現したんだろう』って、そこがすごく気になる。人は知りたくなる。で知った時に、ヒザを叩きたくなる。で、今度知った知識を教えたくなる……っていうところの循環が、作り手である私と、鑑賞する側がお互いに『セッション』している感じ」

確かに、作り込まれた細部を見てしまう魅力が、ミニチュアジオラマにありますね。作り手と鑑賞者が互いに響きあう関係にあるというのもよく解ります。

わずか1分あまりの映像に込められた、凝縮されたテクニック。ぜひ一度ご覧になってみてください。

(咲村珠樹 / 画像提供・フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社)

関連記事リンク(外部サイト)

水族館生まれとして国内最高齢のラッコ(21歳)天寿を全う 
ハイテクの塊に昭和がドッキング!常に売り切れ中の『コタツ充電ケーブル』開発秘話を聞いてみた
坂本家ゆかりの刀「陸奥守吉行」が高知・龍馬歴史館で初公開

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。