ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「インスタ映え」に飽きた人にオススメ! あえて「NOインスタ映え」な写真を撮ろう

“インスタ映え”というものがある。写真投稿サイト「インスタグラム」で、見栄えするように綺麗な写真や、周りが羨ましがるようなシチュエーションで写真を撮ることだ。いまや「いいね!」が大量につくインスタ映え写真こそが正義とされている。

ただ、もうインスタ映えはいいのではないだろうか。お腹いっぱいなのだ。多くの人がインスタ映えに疲れているはず。そこで、インスタ映えしない“NOインスタ映え”写真を撮ってみようと思う。

巷にあふれる「インスタ映え」の数々

スイーツの写真や恋人との写真を美しく撮って、インスタグラムにアップすることが日常になった現代。そして“インスタ映え”という言葉が生まれ、ネット上は「私こそが!」と日々インスタ映えを求め彷徨う亡者であふれている。


こんな写真があふれています!

しかし、もうお腹いっぱいなのだ。日常がそんなに色鮮やかなわけがない。最近ではインスタ映えの写真を代行してくれるサービスまであると聞くが、もっと現実味あふれる写真を撮ろうではないか。もう我々はインスタ映えに飽き飽きしているのだ。


こんな写真にはもう飽きた!

いろんな「NOインスタ映え」を実践しよう

世の中にはいろいろなインスタ映え写真が存在するが、それらを軒並みNOインスタ映え写真にしていきたい。今後はこれをスタンダードにしたいのだ。インスタ映えの時代は終わり、もうすぐ現実的なNOインスタ映え写真が流行るからである。


よく見かける光景ですね!


滅びて欲しいよね!

スイーツ写真はインスタ映えの代表である。しかもスイーツを撮ったあとには彼女が彼氏に「あーん」とかしているのだ。こんな写真を見せられた我々はどうすればいいのか? そもそもスイーツなんてそんなに食べない。もっと日常を記録として残すべきなのだ。


NOインスタ映え「食べかけのコンビニ弁当」


もちろん一人で食べます

スイーツとコンビニ弁当では、あきらかにコンビニ弁当を食べる割合の方が高いのだ。飾らない写真こそが正義と掲げる我々<NOインスタ映え委員会>では、これをスタンダードにしていきたい。このような現実を後世に残し、正しい歴史を後世に伝えたいのだ。


楽しそうなカラオケ写真

カラオケもカップルで行ったり、友達と行ったりなどして、写真を撮ってはアップする。「濃いメンツと飲んだ」と一緒だ。ぜんぜん濃くない。考えて欲しい。カラオケは歌を歌いに行く場所だ。一人で行った方が歌える曲数が増える。つまりである。


こうですね!

NOインスタ映え写真は非常に効率的なのだ。コンビニ弁当にしても待ち時間なしで自分のタイミングで食べることができる。カラオケにしても、2人で行けば歌える曲は半分になるけれど、1人なら時間内全部ワンマンショーなのだ。ぜひ皆さんにはこちらを実践していただきたい。


これが正しいカラオケなのです!

「水平」が現実を映し出す

さて、インスタ映えの王者と言えば「ウユニ塩湖で撮った写真」だ。遠浅で足首くらいまでの水しかないところで、自分と空と水面に映った空を一緒に撮影するというものだが、あれが世界一有名なインスタ映え写真と言えるのではないだろうか。


ということで海に来ました!

ウユニ塩湖のような写真を撮るべく、日本の海に来た。ウユニ湖に行くお金はない。これがひとつ目の現実だ。だったら身近で撮らなければならない。ただ訪れた海も遠浅で水深がないので、きっとウユニ塩湖みたいな写真が撮れるだろう。


こういうベタなウユニ塩湖をイメージ

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy