体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食×アートの体験型レストランがオープン!非日常空間はインスタ映えも◎【岐阜】

NAKED

多くの動員数を記録した、スイーツと先進アートが融合したイベント「SWEETS by NAKED tajimi」が9月で終了。

その場所に新しいレストラン「TREE by NAKED tajimi」ができると聞き、一足早くお邪魔してきました!

なんでも、NAKEDの持ち味であるプロジェクションマッピング技術が随所にちりばめられ、非日常的な空間が広がるとのこと。

さらに今回は多治見の地をモチーフに、東濃地方で有名な陶磁器・モザイクタイルを活かしたつくりになっているそう。

一体どんなレストランがオープンするのか、取材してきました!

記事配信:じゃらんニュース

TREE by NAKED tajimi 10/11(水)オープン!

食×アートの体験型レストランが多治見に誕生。

レストランの内観。どこかの森に迷い込んだような不思議な空間です

手がけるのは今春の二条城の春祭りや、去年の名古屋テレビ塔のイルミネーションを手掛けたクリエイティブ集団「NAKED」。

9月まで、食べて・遊べるスイーツアート展「SWEETS by NAKED tajimi」を開催していました。

この度、同じ場所で常設のレストランができるとのこと。

その名も「TREE by NAKED tajimi」

「TREE by NAKED」のシリーズは東京の代々木公園、丸の内に続いて3店舗目。

“LIFEにクリエイティビティを”をテーマに食とアートを同時に楽しめるスタイルです。

普通のレストランと異なるのはその空間の素晴らしさ。

今まで培ってきたプロジェクションマッピングの技術で作り上げられた、美しい空間が広がります。

先進アートを使用した非日常空間。

まずは絵本のようなプロジェクションマッピングがお出迎え。

bigbook1本を模した画面に、世界観を伝えるプロジェクションマッピングを投影

お店に入って、まず目に飛び込んでくるのはこちらのプロジェクションマッピング。

「Big Book」と呼ばれ、大型の本の形をした画面に美しい映像が流れます。

実はこちらのレストラン、もうひとつのテーマが「春・夏・秋・冬の”四季”が移り変わっていく不思議な森の中で食事を楽しむ」

大きな絵本のような画面には春夏秋冬のドラマチックな映像が流れ、訪れる人を迎えます。bigbook2夏から…bigbook3徐々に葉が色づき、秋の世界へbigbook4冬の幻想的な景色にうっとり

席に着くと壁面一体に四季の絶景が。

NAKED左のシンボルツリーを筆頭に、壁全体に四季の映像が映し出されます

「Big Book」の映像を楽しんだ後は実際の席へ。

天井まで伸びる大きな木の形の壁は「4seasons TREE」と呼ばれ、この場所を象徴するシンボルツリーです。

店内にはこのシンボルツリーはもちろん、あらゆる壁面にプロジェクションマッピングが映し出され、変化する四季が楽しめます。

写真は秋の姿。青かった葉がどんどん色づき、少しずつ落ちる様は本当の木を見ているよう。

しんしんとふる雪景色も印象的でした。

インスタ映えしそうなフォトスポット。

フォトジェニックな空間があちこちに。インスタにアップしたくなる♪

NAKEDマッピングさわると木の芽が出てくる!

ステキな空間に訪れたらやっぱり写真を撮ってしまうもの。

そんなカメラ写りばっちりのフォトスポットが揃っているのもオススメのポイント。

壁に触れると、さわったその場所からなんと木の芽がにょきにょき伸びるんです!

さらにそのまま動かすと、まるで魔法にかかったように色とりどりのインクで絵を描くことができます。NAKEDhamon歩くと水の波紋が

また、地面に広がる湖の上を歩くと、足に合わせて波紋が浮き出る仕掛けも。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。