体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その写真、ケーキにしちゃう? スマホ写真のおもしろプリントサービス5選

子どもやペット、旅行先の景色や食べ物などをスマホで撮影し、SNSなどにアップするという人も多いだろう。でも、せっかくの思い出写真、出力して“カタチ”に残すというのはどうだろう?

今回は、スマホの画像を楽しく出力できるアプリやサービスを厳選してご紹介します!

フォトブックやカレンダーなど、画像を使ってさまざまなグッズが簡単につくれる印刷サービス「TOLOT(トロット)」

2011年にサービスを開始し、今では北米にまでシェアを広げている「TOLOT(トロット)」は、撮り溜めた写真を簡単にフォトブックにしてくれるサービス。つくることができるのはフォトブックだけでなくカレンダー(卓上・壁掛け)やポストカードなどさまざまで、イベントや旅の思い出、誕生日の記念品など、用途によって選ぶことができる。

■フォトブック

スマホ写真をアルバムにしてくれる「TOLOTフォトブック」。料金は1冊500円からで、B6サイズは64ページと24ページ、A6文庫本サイズが64ページと、3タイプを選べる。通常タイプのもののほかに、表紙や誌面にキャラクターが入るものや、赤ちゃんの毎月の成長を記録できるマンスリーベビーアルバムなど、バリエーションも多数あり。

■カレンダー(卓上・壁掛け)

カレンダーは2種類ある。12枚の写真でつくるはがきサイズのコンパクトな「TOLOT卓上カレンダー」(1部500円)と、壁掛け用のA4変形サイズのカレンダー「TOLOT毎月カレンダー」(1部250円)。どちらもシーンに合わせてデザインテンプレートを合わせるだけなので、誰でも簡単にオリジナルのカレンダーがつくれる

■新サービス「TOLOT I.D」「TOLOT Square」

ほかにも、LINE IDやSNSアカウントを読み込めるQRコードが印刷された名刺のようなフォトカード「TOLOT I.D」、Instagramの正方形の写真がそのまま収まるポラロイドカメラ風の「TOLOT Square」(それぞれ1セット18枚300円)など、9月から新しいサービスもスタートしている。

それぞれの注文はiOS/Android対応のスマホアプリやパソコンから可能。注文後5日から2週間ほどで自宅ポストに直接届く手軽さもウリのひとつだ。なにより、すべての商品がプチプライスなので、気軽に試してみても損はないだろう。また、auスマートパス会員だけの特典もあるので、詳しくはサイトをチェックしてみよう!

TOLOT サイトURL

思い出やベストショットをシールやラベルにしてペタッと貼れる! オリジナルシール作成アプリ「みんなのシール」

こちらはお気に入りの写真を手軽に加工してオリジナルシールにすることができるアプリ「みんなのシール」。つくり方は、シールにしたい写真を選択し、切り抜きたい部分をフリーハンドでなぞって切り抜くだけ。ほかにも写真をはめ込むことができる星型やハート型などの定型シェイプやデコフレームなどもあり、決まったフォーマットに当てはめるだけでなく、1枚ずつ違うデザインにできるのも楽しい。

つくったシールは、大きさを調整しながら台紙に配置していく。シール1枚の大きさは7mm〜15cmまで、台紙には最大30カットまで配置することが可能。あとは台紙の背景を選択して保存し、そのデータを送信してすれば注文完了だ。

シールの素材も紙でなくポリエステル製で防水&UVコート仕様だから、水濡れや色褪せにも強く、ペットのフードボウルに貼って毎日洗ったり、クルマやバイクに貼って雨風を受けても大丈夫。長靴や水回り用品に貼って楽しんでもいいだろう。また、写真ではなく文字だけのオリジナルラベルもつくることが可能だ。

アプリはiOS・Andoroid対応。台紙はB5サイズで1枚につき400円。支払いはクレジットカードや代金引換などのほかに、auウォレットなどのキャリア決済も可能。また、「みんなのシール」は2017年度グッドデザイン賞を受賞。世界にたったひとつだけのシールをつくれるアプリとして注目されている。

みんなのシール サイトURL

連絡ノートや日記帳に! 写真が表紙になるノートを1冊からすぐにつくれるサービス「Phorino(フォリノ)」

Phorino(フォリノ)」は、スマホやパソコンから写真をアップロードするだけで、会員登録やアプリのダウンロードなしでオリジナル表紙のリングノートをつくることができるサービス。リングノートのサイズは文庫本と同じA6サイズかInstagramで撮った写真を使うのに最適なスクエアサイズの2種類から選ぶことができ、いずれも1冊から注文することができる。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。