ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

亀田誠治が現在実践中の「50の目標」って?

亀田誠治が現在実践中の「50の目標」って?
J-WAVEで放送中の番組「LAUGH SKETCH」(ナビゲーター:佐藤オオキ)。10月から放送時間が、日曜の23時―23時54分にリニューアルしました。10月8日のオンエアでは音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治さんを迎え、「ライブ」をキーワードにお送りしました。

佐藤:僕は「ライブ」と聞くと、「生のものづくり」とか「現場」というイメージが強くて、ちょっとドキドキしちゃうんですよね。
亀田:僕は単純に音楽をやっているので、「コンサート」とか「音楽ライブ」をイメージします。僕はライブが大好きなんですよ。
佐藤:それは演奏する方なのか、見る方なのか、どちらですか?
亀田:両方ですね。僕は今年「50の目標」というものを作ったんです。「年間50曲のプロデュースをする」「年間50回のライブを見る」「年間50本の映画を見る」「年間50回の会食をする」など、“50”にまつわる目標を立てて実践しています。
佐藤:それは、すごいですね!

亀田:この間は観客としてライブを見るためだけに海外にも足を運びました。とにかく音楽を空気として、ライブを味わうことが大好きなんです。一方、ミュージシャンとしてライブのステージに立つのも、大好きで、生演奏することも楽しくてしょうがないんですよね。
佐藤:亀田さんって普段からどんなことでもすごく楽しそうにされてるので、まわりも思わず楽しい気持ちになりますよね。
亀田:それは、うれしいですね。とにかく僕にとってライブがあるおかげで、自分の鮮度が保たれてると思います。

この後、佐藤が自分のお兄さんの話をし、話題は「ライブの魅力」に展開していきました。

佐藤のお兄さんは熱狂的なアイドルファンで、とあるライブの後、汗と涙で本当にボロボロになって帰宅したことがあるそう…。

亀田:CDやテレビで聞いたりしているアーティストが、実際に目の前で生のパフォーマンスをすることって、何にも代え難いものですよね。
佐藤:やっぱり、そうなんでしょうね。
亀田:あるとき、椎名林檎さんを目当てにライブに来ていた女の子が、幕が上がったとき、1曲目のカウントぐらいでにすでに泣きじゃくっていたんです。「ここに、林檎さんがいる!」「林檎さんと同じ空気吸ってる!」ってことだけで、彼女は涙を流してるんですよね。それがライブの醍醐味じゃないでしょうか。

「音楽が波動として伝わるのはもちろん大事なことなんですけど、音源で感じてたリアリティがリアルになって、目の前に存在することの意味の大きさがライブにはある」とも語っていた亀田さん。いつでもどこでも音源が聞ける世の中ですが、実際に演奏者と同じ空気の中で音楽を感じることができるライブの価値は不変のものなのでしょう。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「LAUGH SKETCH」
放送日時:毎週日曜 23時−23時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/laughsketch/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。