体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウマさも原価も割烹レベル?京都のうどんが好きなあなたに訪れてほしい「手打ちうどん ほそ井」

f:id:mesitsu_la:20170911165221j:plain

みなさま、うどんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

京都市内のフードコートには讃岐うどんのチェーン店もあり、近年は京都人も讃岐うどんを普通に食しています。

が、京都人が心から愛してやまないのが、コシがなく、やわやわで細いうどんです。主役はおダシなので、春夏秋冬、温かいうどんを好みます。おダシは全部飲みます。

そんな、京都のうどんがお好きなあなたに、訪れてほしいお店があります。

京都・右京区の商店街にある、それはそれはハイレベルな手打ちうどん店です。

大映通り商店街にある

f:id:mesitsu_la:20170911165112j:plain

場所は、京都・右京区の大映通り商店街。

最寄駅は、嵐電・太秦広隆寺駅から徒歩3分。

f:id:mesitsu_la:20170911165116j:plain

大映通り商店街は、 かつては大映、現在は松竹撮影所と東映太秦映画村が近くにある、映画とともに発展してきた商店街。

ということで、街灯は映画のカメラがモチーフ。

f:id:mesitsu_la:20170911204529j:plain

こちら「手打ちうどん ほそ井」がオープンしたのは2013年。

比較的、最近のオープンですが、お客さんの4割は映画やドラマの関係者。

f:id:mesitsu_la:20170911165120j:plain

俳優さんや女優さんが訪れることもしばしば。

f:id:mesitsu_la:20170911165124j:plain

カウンター席のほか、テーブル席もありますよ。

f:id:mesitsu_la:20170911165238j:plain

お店を切り盛りしているのは、細井正直さんと雅美さんご夫妻。

ご主人の正直さんは、京都の「割烹 日吉野」で12年、その後、兵庫県「ホテル竹園芦屋」で料理長を務めた和食一筋の方。

f:id:mesitsu_la:20170911165158j:plain

実は、私が「ほそ井」を訪れたのは、「白カレーうどん」が目当てでした。

「白いカレーうどん!? ナニソレ! 」という驚きと、「おいしいよ〜〜」という周囲の声があったからです。

しかし「せっかく『メシ通』で取り上げるなら、『白カレーうどん』は、やめておいたほうがええで」と、細井さんは渋い顔……。

「そもそも、『白カレーうどん』は常連さんに『たまには目先の変わるものを食べてみてほしい』という思いで作ったメニュー。

毎回、『白カレーうどん』を注文する常連さんもいるけどね、ウチの主力ではないんですよ。

『白カレーうどん』は、珍しさからネットで取り上げられることも多いんだけど、『メシ通』では違う切り口でいってほしいなあ」(細井さん)

ということで、「ほそ井」のスゴさを、ちまたのネット情報では拾えない角度から迫ってまいりました! いざ、レポ!!

珍しい「手打ち」京うどん

f:id:mesitsu_la:20170911204543j:plain

うどんはオール手作業で作っています。京都らしい、はんなりしなやかなうどんの手打ちというのはかなり珍しいです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。