体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ビクターロック祭り2017大阪』にて豪華アーティスト5組が夢の競演!

ロックフェス『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭~supported by uP!!!』が昨年に引き続き、MBS毎日放送と共催で、8000人の観客を集め10月8日(日)に大阪城ホールにて開催された。
10月8日(日)@『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭~supported by uP!!!』 (okmusic UP's)

NHKドラマ10『この声をきみに』への出演、さらに11月にニューシングル発売決定と歌に演技にフル回転の大原櫻子。役者としての評価も高く、サントリーコーヒー『BOSS』の新TV-CMへの出演で一躍話題となっている孤高のアーティスト・竹原ピストル。スモーキーヴォイスが異彩を放つ、21歳のシンガーシンガーソングライター・藤原さくら。4年ぶりとなるオリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』を7月にリリース、全国ツアー中のLOVE PSYCHEDELICO。7月26日にリリースした13thシングル「ずっと、ふたりで」が配信マーケットなどでロングヒット中の家入レオという豪華5組が競演!

さらに、9月27日より配信限定でリリースされ、iTunes、レコチョク、moraなどの各配信サイトで週間チャートを首位10冠を獲得した「家入レオ×大原櫻子×藤原さくら」3人のコラボレーションによる「恋のはじまり」もサプライズ披露され、フェスは大盛況のうちに終了。まさに2017年の音楽シーンを大きく盛り立てた5アーティストによる豪華共演の1日となった。

photo by 田中聖太郎
【ライブレポート】

■大原櫻子

開演前のちょっとした緊張感が漂うなか、伸びやかなアカペラを響かせ、一気に観客を舞台に集中させるという大胆な登場! そしてそのまま響き始めたのはデビューシングル『明日も』だ。このポップナンバーに気分良くのせられると、さわやかな『青い季節』で、さらにテンションを上昇させる。というのもこの曲、クラップはもちろん、ギターから持ち替えたタオルでタオル回しをリード、さらに子犬のようにキュートな『Come On!』のシャウトと、楽しみどころ満載だから。わずか2曲ですっかり彼女のペースだ。そして「最高の1日にしましょう!」という元気の良いMCから、空気を変えてエモーショナルなメロディが印象的な『マイ フェイバリット ジュエル』と『瞳』へ。「マイ フェイバリット ジュエル」の語りかけるような歌声は心に幸せの花を咲かせ、『瞳』の大切に紡ぎ出される一言一言と、目を閉じて歌い上げる彼女の姿が胸を締め付ける。動きを止めてじっと聴き入る人も多い。そして再びアリーナと会話するようなリラックスムードのMCを挟む。11/22(水)リリースの新曲について「歌って!」のリクエストに「今日は歌わないかな~(笑)」と、まるで友達と話しているよう。10/18(水)にあるツアーの大阪公演が楽しみになるばかりだ。そして「拳を上げて私に付いてきてくださいっ!」と、ラストスパートへ。まずは「Oi! Oi!」のコールを起こしてアグレッシブなロックの『Ready Go!』。ボーカルが挑発的になったかと思えば、煽りまくり、そして走りまくり! なんと衣装のスカートが破れる程の張り切り具合だ!! 「(スカートが)大変なことになってる~(笑)」と本人も会場も大ウケしつつ、「一緒に踊ってください!」と呼びかけ、振り付けのレクチャーを入れてから最後の『踊ろう』に。大阪のファンは飲み込みが早いのか、会場全体の振りもバッチリキマって、お祭りムードも満点! しかも曲の前向きなメッセージに背中を押されて高揚感もたっぷり。最後は勢いに乗って全員の大ジャンプで締め、6曲とは思えない聴き応え十分のライブを終えた。

Text by 服田昌子

■竹原ピストル

頭にはタオルを巻き、スタッフTシャツを着た飾らない出で立ちでステージに姿を見せた竹原ピストル。アコギ1本でライブ活動を続ける彼が、一期一会の大切さを伝える『ドサ回り数え歌』でライブがスタート。今日の出会いに感謝する彼の気持ちを現しているかのようだ。「大阪のみなさんお世話になります!」と広く会場を見渡し、力強いカッティングとともに、生きろ!と背中を押すパワフルな歌声を響かせていく。「聴いたことあるなと思ってもらえたら」とCMでもお馴染みの『よー、そこの若いの』が披露されると会場から暖かい拍手が。「ペンライトは振らないでくださいよ?」というフリ(!?)にお客さんはすぐさま反応、ピンクのペンライトが大阪城ホールを彩った。人生初めてのペンライト体験ということで、「華々しい出演者さんたちの中に短パンのおじさんが混ざっちゃってすみません…」と謙遜ぎみに語りながらも、喜びを隠せない様子。歌をはじめた時にお世話になった恩人たちに捧げる曲『ママさんそう言った ~Hokkaido days~』では、タフで攻撃的なリリックが躍動感溢れるダイナミックな演奏とともに胸に突き刺さってくる。心のヒダに触れる圧倒的な歌の力に聴き入る観客。愛する存在への祈りの気持ちを世界的な名曲にのせた『Amazing grace』は涙なしでは聴けない感動をよんだ。最後には自作ポエムをアコギなしのアカペラで朗読。覚悟と決意をもって人生を賭け歌に向き合う言葉の強さが胸に沁みる。ただ応援するだけではなく、共にいつまでも元気で生きていこうという優しさと人間臭い魅力に誰もがひきこまれた40分だった。

Text by 岡田あさみ

■藤原さくら

暗転した舞台、アコギをかき鳴らしその姿が浮かび上がるドラマティックな幕開け。響いているのは『Cigarette butts』だ。スモーキーな彼女のボーカルとカントリータッチの楽曲にどこかノスタルジックな気持ちになる。さらに多面的な歌声の魅力は広がりを見せ、『BABY』では小悪魔的にウィスパー。サビの「baby baby baby」には男性ならずともとろけそうになる。しかも彼女はしゃべらせてもなかなかのトークセンス。まずは「毎度! ごっつ久しぶりやな。(FM802でレギュラー番組をやっていたから)ごっつ関西弁うまくなったねん。どやさ…あっとる?」と偽関西弁全開。しかし曲に戻ればMCの関西弁と違って、滑らかな英語詞がなでるように耳を通っていく。そして特に吐息混じり放たれる「Ellie,Ellie」のサビにはせつなさも。また続く同じく英語詞の『I wanna go out』ではジャズの響き。リズミカルなパーカッションが観客のクラップを引き連れ、思わぬ大人の時間を生み出す。堂々としたたたずまいと歌声は、圧倒的な包容力で会場を満たし、ピンク色のライトに照らされたステージはまるで海外のバーのような雰囲気だ。そんな“大人感”は次のMCでも発揮され、「グッズもいっぱい買いなさい。私のグッズも売っているので。買うと私が喜ぶ」とどこか女王様チック。このツンデレはクセになりそうだ。…が、ここからラストに向けては“女の子”としての魅力を見せる。「好きな人とコンビニに行くような曲です」の言葉から始まった『赤』は、まだ青さを残した詞とスイートなボーカルを程よくブレンド。観客はこのスロウなグルーヴに身を任せのんびり&じっくりと音楽を楽しんでいる様子。しかし人気曲『Soup』のイントロが聴こえてくると、今度は大きな手拍子が起こり思わず立ち上がる人が。かと思えば温かさを持つ曲の感触にうっとりと聴き入る人も。誰もが“さくらマジック”にかけられたような夢のひと時だ。そしてとどめ!とばかりにこれまた人気曲の『「かわいい」』が。会場からは体を揺らすジャジーなピアノにリードされ手拍子が続き、サビのキャッチーで広がりあるメロディに、心はぐんぐん上向きに。しかもバンドメンバーのソロもあり、そんなキレあるサウンドを本人も観客も満喫。既にぐるぐると頭を回り出したサビのフレーズと甘酸っぱさを置きみやげに、最後はかわいく「ありがとうございました」と笑顔を見せてステージを去っていった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。