ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【撮り下ろし】Live Musical『SHOW BY ROCK!!』観客のみんなを“シュラライザー”に! 忍迅雷音キャストインタビュー

井阪:そこがいいよね! 「お前たちを俺らは喰うよ」って言われました。稽古場から対バンらしいです。

高橋:じゃあ逆にうちは謙虚に行こうよ。全部がガチでグイグイいくとお腹いっぱいになっちゃうから(笑)。箸休めみたいな。

辻:全然箸休めのビジュアルじゃないんだよな~(笑)。

井阪:あと客降りも降りたいタイミングで自由にしたって言ってましたよ!

赤澤:アドリブで客降りとかしているらしくて、だから僕もドラムを持ちながら客席降りたいな(笑)。

――辻さんはヴォーカルとして、どんなパフォーマンスをしたいですか?

辻:それはまだこれからですね。立ち位置がどの場所で、どういう風にマイクを使うのかなどもこれから決まるので。あと他のバンドがどんな感じなのかは見たいですね。なんとか出し抜きたいなとは思っているので、これから作っていくパフォーマンスに乞うご期待です!

忍迅雷音の舞台上での空気感にも注目!

――すでにとても仲が良さそうですが。

辻:そうですね、だいぶ仲は良いと思います。バランスも良いですし。ビジュアル撮影が終わって1回取材したときから、もうみんな打ち解けていました。だからすごい良かったな、って安心もしています。それが舞台の中でも活きてくると思うので、忍迅雷音に注目していただければと思います。

赤澤:単純に、このメンバーで良かったとは思いますね。バンドなのでチームワークは大事だし、観ている側からしたら、パフォーマンスをしているときに、この人たちは仲が良い・悪いというのはすぐに見えてしまうと思うので。それは演出的なものではなく、その人たちが醸し出す空気感ですぐに気づかれてしまうものだと思います。だからこうやって気が合って楽しくなりそうだなって思えるのは、純粋に素敵なことだし、これからが楽しみですね。

高橋:
元々、郁巳とはこの前共演していて、たろう(赤澤さん)と郁巳も共演しているし、諒さんは今回初めてですけど、他の共通の関わりもあったので、すぐに仲良くなれました。この仲の良さを出しつつも、舞台上では忍迅雷音として仲が良いというのを見せたいと思います。

井阪:
僕はバンドだとリーダーですが、健介くんには前の舞台のときにけっこういじられていたので、グイグイ引っ張るリーダーというよりは、みんなと仲良く、ちゃんと締めるところは締めて、切り替えができるチームになっていければいいですね。

――最後に意気込みとメッセージをお願いします!

辻:ヴォーカルとしてみんなと力を合わせつつ、『SHOWBY ROCK!!』というカンパニーに新しく参加するバンドの忍迅雷音が良いスパイスになるよう、メンバー4人でとブチかましていきたいなと思っています。

高橋:新しいバンドということで、みなさん少し戸惑いなどあるかもしれませんが、忍者らしく忍びつつも、みなさんにしっかりと楽しいライブをお届けできるように頑張っていきたいと思います。ぜひ、応援していてください。

井阪:僕はおっとりした昔の歌が好きで昭和歌謡を聴いていた人間なので、これまで全然バンドやロックに触れてこなかったんです。でも、この作品に出会ってからバンドの曲を聴くようになって。今ではONE OK ROCKにハマったり、自分を変えた、自分の新たな一面を作り出してくれた作品になりました。バンドの曲もあまり聴かない人にも、この舞台に来てもらってロックの魅力を伝えられたら嬉しいです。


赤澤:
今回、忍マシーンという人間ではない役をやらせていただくんですが、今後こういった役はあまりやる機会がないと思うので、良い経験をさせてもらって、お客さんに神威をより好きになってもらうことを目標にやっていきたいです。今回、『SHOW BY ROCK!!』の現場は素敵な先輩方がたくさんいらっしゃるので、その人たちから吸収できることは吸収して、お客さんに「来てよかったな、すごく良い作品だったな」って心に残ってもらえるような、熱くて観終わった後にハッピーな気持ちになれる作品になるように頑張りたいと思います。

前のページ 1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。