体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これからのマネジメントは面白い!?─多様化するエンジニアのキャリアパスのその先を考えてみた

エンジニアのタイプはさまざま。現在の職種と役割について

9月16日に開催されたCodeIQ感謝祭で、「多様化するエンジニアのキャリアパス、その先を考える」というテーマで行われたパネルディスカッション。

登壇したのは、2017年6月に独立し、現在はプロダクト・エンジニアリングアドバイザーとして活躍している及川卓也さん、リクルートテクノロジーズの古川陽介さん、LINEの松野徳大さんの3人。ファシリテータを務めたのは、及川卓也さん!

登壇者プロフィール


プロダクト・エンジニアリングアドバイザー 及川 卓也さん
早稲田大学理工学部卒業後、日本DEC、マイクロソフトを経て、2006年にグーグルに転職し、プロダクトマネージャとエンジニアリングマネージャとして従事。2015年11月より、Incrementsにて「Qiita」のプロダクトマネージャとして勤務。2017年6月に独立し、エンジニア組織作りのエンジニアリングマネジメントとプロダクトマネジメント、技術アドバイスの領域で、IT系企業の顧問やアドバイザーとして活動中。


株式会社リクルートテクノロジーズ 古川 陽介さん
富士ゼロックス、DeNAを経て、2016年にリクルートテクノロジーズにジョイン。現在はAP基盤の改善や運用、各種開発支援ツールの開発、またテックリードとしてエンジニアチームの支援や育成までを担う。Node.jsの日本ユーザーグループコミュニティの代表を務め、Node学園祭などを主宰。趣味はゲームとプログラミング。


LINE株式会社 松野 徳大さん
LINEマンガ、LINE Creators Market等の初期のサーバーサイド開発を担当。LINEボット(Messaging API)SDKの開発をとりまとめる。現在は、LINE Ads Platformなど広告システムの開発に関わる。

及川:まずは、お二人の職種と役割について教えてください。

松野:LINEの広告開発部門のマネジメントをしています。1on1(個別面談)をしたり、広告の戦略を立てるためにデータ分析をしたりなど。コードを書いたり、エンジニアリングの仕事はしていないので、正確にはエンジニアリングマネジャーというポジションではないですね。

古川:アプリケーションソリューショングループという、シングルページアプリケーション(SPA)などを作成したり、R&D活動をしている部門のマネジャーを務めています。メンバーとの1on1、プロジェクトの進捗を見たりしています。

シニアソフトエンジニアというソフトウェアのエンジニアリングの道を極める職種も兼任しており、R&D活動にも参加しています。例えばWebアプリケーションやシングルSPAのフレームワークを作ったり、その高速化のためのアイデアなどを考えたりしています。

及川:私は現在、いくつかのマネジメントの顔をもっています。そのうちの一つであるプロダクトマネージャーとして、いろいろな会社をサポートしていますので、本セッションではその立場としてお話させていただきます。

プロダクトマネージャーとは、プロダクトを成功させるために責任を持ってサポートしていく中心となる役割。事業サイドと開発サイドを橋渡しをしたり、法律面も確認など、細々とした作業をプロダクトの企画からリリース、グロースさせていくまで関与します。

事業責任者やディレクターにも近いと思うかもしれませんが、事業面に加え、技術面も合わせて一気通貫で見る役割を担っています。

古川:松野さんに質問があります。メンバーの1on1の頻度について教えてください。

松野:1カ月に1回はやりたいと思っていますが、他の業務で定期的に時間が取れないことが多いんです。でも時間が空いたら、今日はやるぞと決めて1日かけてやっています。

古川:うちは毎週やっていますが、エンジニアとマネジャーのバランスが難しいなと感じています。実は当社の中でもこの両方の役割を担うのは僕が初めてなんです。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。