体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで異世界…一度は泊まってみたい!非日常を楽しむオススメの宿【全国】

赤倉観光ホテル

海や山、湖、時には雲海の大パノラマが広がる宿から、小さな南の島を満喫するヴィラ、そして重厚な空気が漂い歴史を感じさせる老舗ホテルまで。日常から抜け出して、おとぎ話に迷い込んだかのような景色が広がる宿に泊まってみませんか?

もちろん、料理やスタッフのおもてなしも格別。リフレッシュするのにおすすめの宿ばかりです。

記事配信:じゃらんニュース

ホテルアラマンダ小浜島【沖縄県竹富町】

ありのままの自然に抱かれる。南の楽園へのご褒美旅。

2017年4月1日オープン

ホテルアラマンダ小浜島最上級のアラマンダスイート。プライベートプールにガゼボもある

ここが注目ポイント

ラグーンエリアにあるヴィラタイプの客室は、全室64平方メートル以上。テラス付きで海外のリゾートのよう。ホテルアラマンダ小浜島干潮時にあらわれる「幻の島」へ出かける人気のツアー。三日月形の島で珊瑚礁観察をホテルアラマンダ小浜島2室のみのアラマンダスイート。サウナも完備した約240平方メートルの贅沢な空間ホテルアラマンダ小浜島珊瑚塩やハイビスカスなどを使った琉球スパは、一度体験してみたい

石垣島と西表島の間にある小さな離島・小浜島。360種類もの珊瑚に囲まれた南の楽園に、全室がヴィラタイプのスイートルームという「ホテルアラマンダ小浜島」がオープンした。

約35万坪の敷地には、ゴルフ場、3カ所のレストランとバー、スパなどを備え、旅の目的に応じた思い思いのリゾートライフを満喫できる。海風に吹かれながら、時間を忘れて客室でのんびり過ごすもよし、豊富なアクティビティプランに参加して、手つかずの自然と戯れるもよし。大人のご褒美旅にふさわしい、静かでゆるやかに流れる島時間を、心ゆくまで愉しみたい。 ホテルアラマンダ小浜島

TEL/0120-153-070(シギラリゾート予約センター)

住所/沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954

料金/1泊2食付き2万6460円~

アクセス/石垣港よりフェリーで小浜島まで25分、送迎バスで10分

「ホテルアラマンダ小浜島」の詳細はこちら

中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香【長野県駒ヶ根市】

心地よい「香り」をテーマにアルプスの自然に包まれる。

2017年4月28日オープン

季澄香創作懐石料理のメインの一品

ここが注目ポイント

料理はできる限り地元の食材にこだわる。若き料理長自らの目利きで、産直市場や農家などから新鮮な食材を手に入れる。季澄香全室半露天風呂付きで、中央アルプスの天然水の湯に浸かれる。本館大浴場には、アルカリ性の温泉もあり楽しめる季澄香すべての客室から庭が望める落ち着いた空間。夏場にはかがり火が焚かれ、幻想的な雰囲気となる

非日常の入り口は東門から始まる。森の香りと川のせせらぎの音、そして心地よい風を感じながら森のアプローチを抜ける。眼前に現れるのが、中央アルプスの山々に抱かれた、全8室だけの大人のための隠れ宿だ。

宿の名前「季澄香」にちなみ、「香り」がテーマ。地元企業の協力のもと、無香料のシャンプー類に、約20種類のアロマを足して自分好みのアメニティが作れるとあって女性の間で話題だ。

「花」をテーマにした、彩り鮮やかな自慢の創作懐石料理とともに、ここで過ごす時間は、五感のすべてに訴えかけてくれる特別な旅を演出してくれる。 中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香(ときすみか)

TEL/0265-83-7888

住所/長野県駒ヶ根市赤穂4-172

料金/1泊2食付き3万3000円~

アクセス/電車:JR駒ケ根駅より車で12分 車:中央道駒ヶ根ICより3分

駐車場/8台

「中央アルプス杜の隠れ宿 季澄香」の詳細はこちら

箱根・芦ノ湖 はなをり【神奈川県箱根町】

澄碧をたたえた芦ノ湖との一体感を、眺望で、湯で、食で堪能する。

2017年8月1日オープン

はなをりフロントロビーにあるカフェコーナーからのドリンク類を手に、テラスで寛ぎのひと時を

ここが注目ポイント

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。