ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ゆるめるモ!は“ちょっと先を行っている”グループ『女の子よ死体と踊れ』朝倉監督インタビュー[ホラー通信]
  • 【動画】『ターザン』のリメイク版最新実写映画『Legend of Tarzan(原題)』、予告映像が初公開
  • アナ・ケンドリック、マーク・ローレンスとディズニーによる映画で女性サンタクロース役を演じる交渉中
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 月に隠れていたナチス軍が地球襲来 衝撃作『アイアン・スカイ』9月日本公開決定
  • エマ・ワトソン主演の実写映画版『美女と野獣』、ファースト・トレーラーが公開
  • 人喰い人魚姉妹を描くポーランド映画『ゆれる人魚』 女性監督が強烈インパクトの“巨大すぎる尾ヒレ”を語る[ホラー通信]
  • 人気ゲーム実況者・ろあさんが『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』一言声優に挑戦中!
  • 『パシリム』制作スタッフが手掛ける超ナンセンス映画がおもしろすぎる! 映像集団“アストロン6”の長編作品が日本公開
  • 編集部イチの“ヘタレ”が“オラオラ”になってみたら?→美女にモテモテ喧嘩も楽勝【映画『25 NIJYU-GO』特集】
  • 【生放送予告】『エイガ通信』世界一ゆるい「アカデミー賞」ばなし
  • 場面写真も解禁! 映画『脳漿炸裂ガール』の公開日&『ニコニコ生放送』同時上映決定 [オタ女]
  • 【独占解禁】『モアナと伝説の海』MovieNEXボーナス映像3本解禁! 感動を呼ぶ珠玉の音楽の製作舞台裏
  • 米ソニー・ピクチャーズによる女性エンジニアの姿を描くコメディ映画『Turned On(原題)』、ポール・フェイグが監督へ
  • 渋谷にタートルズ軍団出現! 筆者もパーティに参加してきたぞカワバンガ!
  • 同性愛とか異性愛とかはどうでもよくなる『アデル、ブルーは熱い色』【菅野いちはの映画レビュー】

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京・代々木八幡にできたお惣菜スタンド「ウエトミ」は、酒もツマミも超充実した昼飲み天国だった

幅広いチョイスができるラインナップは土地柄でしょうか。

ここだけ見ると、まるで酒屋さんのよう。

f:id:Meshi2_Writer:20170901101902j:plain

気軽につまめる乾き物や、

f:id:Meshi2_Writer:20170901101911j:plain

スナック類が置いてあるところも合わせて、

どこか角打ちっぽい楽しさも感じます。

f:id:Meshi2_Writer:20170901101930j:plain

そして壁には短冊メニュー!

眺めているだけでいくらでも時間を過ごせてしまう、「これぞ大衆酒場!」といった光景。

それにしても興味深いメニューが盛りだくさんだな〜。

f:id:Meshi2_Writer:20170901101939j:plain

冷蔵庫に並んだ単品メニューから選ぶことも可能。

f:id:Meshi2_Writer:20170901101950j:plain

ドリンクメニューがこちら。

豊富なクラフトビアの品ぞろえ

さて、今日の一杯目は、せっかく珍しいお酒もたくさんそろっているので、まだ飲んだことのないクラフトビールからいってみましょうか!

f:id:Meshi2_Writer:20170901101958j:plain

同行の編集部ムナカタ氏と一種類ずつ。

とはいえ、そういった情報には全く明るくないので、完全なるジャケ買いによるチョイス。

ムナカタ氏は、萌え要素を感じるイラストがなんとも珍しい「FUGGLES & WARLOCK THE LAST STRAWBERRY WIT(カナダ)」(上の写真、左側)。

僕は、こちらも「え? ビールのラベルに魚の絵?」って感じが珍しすぎる、「BALLAST POINT GRUNION PALE ALE(アメリカ)」(上の写真、右側)を。

f:id:Meshi2_Writer:20170901102009j:plain

▲BALLAST POINT GRUNION PALE ALE (900円)

グラスに注いでみると、褐色の濃い輝きがいかにもおいしそう。

2014年に「GABF(Great American Beer Festival)」で金賞を受賞した「Mosaic」と「Calypso」、ふたつのホップをぜいたくに使用したビールだそうで。

て、まぁ、難しいことはあまりわからないんですが、実際にゴクゴクと飲んでみると、今この写真を見ているだけでも鮮明に蘇るような、フルーティーで香り高い一杯。

つまり、めちゃくちゃおいしぃ〜!

f:id:Meshi2_Writer:20170901102029j:plain

それにしてもラベルは謎すぎます。

砂地で、思い思いの行動をとっている魚のイラスト……。

少し調べてみたところ、こちらの「バラストポイント」というブルワリーは、カルフォルニア州の港町、サンディエゴで創業されそう。

自然と、釣りを愛してやまないスタッフが集まり、その思いをラベルに込め、ビールの銘柄ごとにいろんな魚のイラストをデザインしているんだそうです。

うん、なんとなくわかった!

f:id:Meshi2_Writer:20170901102038j:plain
前のページ 1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。