体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雲海・紅葉・オーシャンビュー!「絶景ダイニング」が魅力のおすすめ宿5選【全国】

赤倉観光ホテル

どこまでも広く吸い込まれそうな海の眺め、窓の外に広がる雲海、心ときめくベイエリアの夜景…。

そんな特別なロケーションで食事が味わえる、「絶景ダイニング」のある宿を厳選!とっておきの5つの宿・ホテルをご紹介します!

目と舌で楽しむシェフ渾身の料理の数々は、いつまでも思い出に残ることでしょう。

記事配信:じゃらんニュース

1.THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海【静岡県熱海市】

水平線まで見渡す特別席でグランメゾンの料理を味わう至福。

こちらの「絶景」は…圧巻のオーシャンビュー

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海水盆の先に広がるのは相模灘の雄大な眺め。初島や大島が浮かぶ大海原を時おり船が通り過ぎていく。夕暮れ時の美しさを堪能するならアペリティフから夕食へと進むのがおすすめ。THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海暮れゆく海の美しい風景が、これから始まる食事への期待を一層高めてくれるTHE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海フランス リムーザン産仔牛背肉ロースト。料理はすべてディナー一例THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海くぬぎ鱒のミ・キュイ。完全無投薬で育てた鱒を低温で火入れ。しっとりとした食感が秀逸THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海「優れた生産者が多く、おかげで充実した日々を送っています」と三浦料理長THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海朝ごはんは新鮮な野菜をたっぷり使った洋食が基本。連泊するゲストは2泊目の朝に和食を味わうこともできるTHE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海地金目鯛の氷温塩水熟成。さわ蕗のタプナードで和の風味を加える

アペリティフを片手に過ごす、夕食前のひととき。徐々に色を変えゆく海の景色は見飽きることがない――。熱海の高台で2016年秋に開業した宿は、日本のフランス料理界を牽引してきた『ひらまつ』が手掛けるもの。コンセプトは「滞在するレストラン」。グランメゾンの料理とサービスでゲストをもてなす。ダイニングが占めるのは、数寄屋造りの建物の中央部分。目の前に海がどこまでも広がる最高の舞台を用意する。

料理長は『ひらまつパリ店』などで研鑽を積んだ三浦賢也さん。時間があれば生産者のもとへ足を運ぶ行動派で、狩猟に参加することも。すべては「地元の優れた食材を探し出し、生産者の想いとともにここでしか味わえない料理を生み出したいから」と三浦さん。手に入れた食材も、例えば地金目鯛は内臓付きのまま氷温塩水で3日間熟成させるなど、ベストな状態を見極めて調理。それらをひとつずつ積み重ねながら、フランス料理の新たな境地を目指している。料理だけにとどまらず、木下孝一の建築、ミロの絵画など館内は一流品揃い。贅を尽くした滞在に、たっぷりと酔いしれたい。 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS(ザ ヒラマツ ホテルズ リゾーツ) 熱海

TEL/0557-52-3301

住所/静岡県熱海市熱海1993-237

料金/1泊2食6万198円~

アクセス/電車:JR熱海駅よりタクシーで10分 車:東名厚木ICより30分

「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海」の詳細はこちら

2.赤倉観光ホテル【新潟県妙高市】

神秘的な雲海にココロ奪われる夢見心地のダイニング。

こちらの「絶景」は…雲の上の朝ごはん

赤倉観光ホテル雲海は神出鬼没ではあるものの、出やすいシーズンは秋~冬にかけて。特に雨上がりの朝は好条件だという。写真はメインダイニングルーム『ソルビエ』。他のレストランも同様の眺望となる。 赤倉観光ホテル赤倉観光ホテル『アクア グリル ダイニング』があるのは新たに増築されたプレミアム棟の最上階。夜はジャンルにとらわれず、素材そのものの味を生かした料理を楽しめる赤倉観光ホテル『白樺』の和朝食。手づくりの品々が並ぶ赤倉観光ホテル『ソルビエ』と『アクア グリル ダイニング』では地場産の新鮮な野菜を使った洋食メニューを味わえる
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。